TEL
MENU

Blog記事一覧 > 予約状況+健康情報,未分類 > 野球肘・野球肩・リトルリーガーショルダー | 2016/5/13(金)予約状況

野球肘・野球肩・リトルリーガーショルダー | 2016/5/13(金)予約状況

2016.05.13 | Category: 予約状況+健康情報,未分類

【野球肘・野球肩・リトルリーガーショルダー】

 

●本日

 

5/13(金)の空き状況

 

・指圧・整体コース

 

 9:00~  9:30~

10:00~ 11:00~

11:30~

 

15:00~ 16:30~

17:00~ 17:30~

18:00~ 18:30~

 

・楽トレコース

 

 9:40~ 10:20~

11:00~ 11:40~

 

15:00~ 16:20~

17:00~ 18:20~

 

となっております。

予約時間変更等で

他の時間も空く可能性が

ございます。

 

予約がなくても施術はできますが、

順番にご案内致します。

 

保険診療の方は予約優先制は

利用できません。

 

できるだけ間を空けずに

通院することをおススメしております。

 

 

メニューはこちら↓

http://bit.ly/1WCHhG1

 

患者様の声はこちら↓

<ホームページ>

http://bit.ly/24m1G8a

<エキテン>

http://bit.ly/1WCHglA

<YouTube>

http://bit.ly/1PRe7RN

 

ご予約はこちら↓

0436-63-3712

 

 

※※診療情報※※

 

今日は【野球肘・野球肩・リトルリーガーショルダー】についてです。

 

 


(c) .foto project

 

野球をしている子供達が来院すると

大体の相談が肘か肩の痛みです。

 

そして、大人になっても

草野球をしている人達の相談は

肘か肩の痛みがほとんどです。

 

野球をしている人で故障が起こる場合は

理由は3つです。

 

○フォームが悪い

○筋力がない

○柔軟性がない

 

以上です。。。

 

 

これで終わりにしたら

さすがに起こられるので解説します。

 

 

 

『フォームが悪い』

 

ピッチャーを任されたとか

新しい投球を練習したとか、

 

まだ正しいフォームが安定していない場合に

故障をしやすいです。

 

正しいフォームを作る前に

試合で投げさせられてしまった場合に

肘や肩を痛めることがあります。

 

まず、基本のフォームはコーチにしっかり

見てもらって、肘が下がっていないか、

肩がしっかり上がっているか、

など基本を身体に叩き込みましょう。

 

 

『筋力がない』

 

フォームは良くても、

球数が増えると故障をしてしまうことがあります。

 

筋力が発達していない小学生や

ピッチャーに転向したばかりの人に多いです。

 

 

ポジションによって必要な筋肉は違います。

 

それぞれのポジションで使う筋肉を

トレーニングする必要があります。

 

筋力が増えることにより

球数が増えても筋肉がバテずに

最後まで投げられます。

 

 

『柔軟性がない』

 

筋力がある程度ついてくると

その力に頼ってしまいがちです。

 

力ではなく身体全体で投げるが

一番効率よく、また全身の力をボールに

伝えることができます。

 

 

軸足となる足首、

 

バランスをとる膝関節、

 

勢いをつける為の股関節、

 

脚の力を上半身へと伝える腰、

 

鞭のようにしなりボールの伸びをつくる肩関節、

 

肩からの力をより正確に、また繊細に伝えたり、

回転をかけてさらに伸びを作ったりする

肘関節、手関節、指関節。

 

 

 

それらすべてを使って投げることができれば

ボールに身体全体の力を伝えることができます。

 

しかし、それらを使わずに

無理矢理力を伝えようとすると、

 

下半身からの力は逃げてしまい、

上半身の力、特に肩や肘に負担がかかってしまいます。

 

 

野球では

この3つを意識するだけでも

故障をかなり減らす事が出来ます。

 

 

ピッチングだけでなく、

バッティングでは?と思いますが、

 

原則の3つは変わりありません。

 

バッティングではどうなるか想像してみてください。

 

 

 

自分で時間が取れなくて

上記の3つを解決できない場合は

 

いつでも相談してくださいね。

 

 

全身レベルで改善が必要な方は

 

→指圧・ストレッチコース(1回2,000円)

 

 

肘や肩に炎症が起きてしまっている重症の方には

 

→スペシャルコース(1回4,000円)

 

 

医師に診断を受けてきた方で

肘や肩の部分的な関節を施術して欲しい方は

 

→スポーツ障害コース(1回3,000円)

 

でケアをできます。

 

 

詳しいメニューはこちら↓

http://bit.ly/1WCHhG1

 

 

 

☆今日も皆様に全ての良き事が

雪崩の如く起こりますように☆