TEL
MENU

Blog記事一覧 > 予約状況+健康情報,未分類 > 腱鞘炎の治り方 | 2016/6/24(金)予約状況

腱鞘炎の治り方 | 2016/6/24(金)予約状況

2016.06.24 | Category: 予約状況+健康情報,未分類

【腱鞘炎の治り方】

 

●本日

 

6/24(金)の空き状況

 

・指圧・整体コース

 

 9:30~ 10:00~

11:00~ 11:30~

 

16:00~ 17:00~

18:00~ 18:30~

 

 

・楽トレコース

 

※午前中は現在

 空いております。

 

15:00~ 16:20~

17:00~ 18:20~

 

となっております。

予約時間変更等で

他の時間も空く可能性が

ございます。

 

予約がなくても施術はできますが、

順番にご案内致します。

 

保険診療の方は予約優先制は

利用できません。

 

できるだけ間を空けずに

通院することをおススメしております。

 

 

メニューはこちら↓

http://bit.ly/1WCHhG1

 

患者様の声はこちら↓

<ホームページ>

http://bit.ly/24m1G8a

<エキテン>

http://bit.ly/1WCHglA

<YouTube>

http://bit.ly/1PRe7RN

 

ご予約はこちら↓

0436-63-3712

 

 

※※健康情報※※

 

今日は【腱鞘炎の治り方】についてです。

 

腱鞘炎とは指や手首を使いすぎて炎症が起きることを言います。

 

腱が外れないように抑えている鞘(さや)の中を

指や手首を使うたびに腱がこすれて、

腱や鞘にダメージを与えるという状態になります。

 

 

腱鞘炎はひどいと炎症がかなり強く出る為、

患部が熱を持ってしまい、じっとしていてもズキズキ痛む状態になってしまいます。

 

特にお風呂に入ったりすると、

入っている時は痛みがなくなりますが、

 

温めることで患部の炎症が悪化してしまう為、

お風呂から上がって身体が冷えてくると

ズキズキ患部が痛む状態になってしまいます。

 

 

痛みが強い状態が続くと、

腱や鞘に負担がかかり、腱が腫れたり、周りが腫れたりすることがあります。

 

 

そうならないようにしっかり治していくには、

基本的には次のような治り方になります。

 

 

●炎症でじっとしていても痛みが出る

  ↓

○アイシングで炎症を抑える

  ↓

●炎症が取れ、じっとしている時の痛みがなくなり、動かしたときに痛むだけになる

  ↓

○腱鞘炎になってしまった筋肉の部分を温め、マッサージなどでほぐす

  ↓

●動かせる範囲が変わり、強い力を入れなければ痛みを感じなくなる

  ↓

○筋肉がしっかりほぐれるようにマッサージ、ストレッチなどを続ける

  ↓

●筋肉の硬さが軽減し、動かしての痛みがなくなる

 

 

炎症軽減→筋肉硬さ軽減→痛み消失と

通常の腱鞘炎ならばこのような順番で回復していくようになります。

 

腱鞘炎に似た使いすぎでもちょっと違う治り方をするものもありますので、

次回は【テニス肘・野球肘】についてお伝えしますね。

 

 

☆今日も皆様に全ての良き事が

雪崩の如く起こりますように☆