TEL
MENU

Blog記事一覧 > 予約状況+健康情報,未分類 > 腰が原因ではない脚のしびれ | 2016/6/30(木)予約状況

腰が原因ではない脚のしびれ | 2016/6/30(木)予約状況

2016.06.30 | Category: 予約状況+健康情報,未分類

【腰が原因ではない脚のしびれ】

 

●本日

 

6/30(木)の空き状況

 

・指圧・整体コース

 

 9:30~ 11:30~

 

※午後は現在

 空いております。

 

・楽トレコース

 

 9:00~  9:40~

10:20~

 

※午後は現在

 空いております。

 

 

となっております。

予約時間変更等で

他の時間も空く可能性が

ございます。

 

予約がなくても施術はできますが、

順番にご案内致します。

 

保険診療の方は予約優先制は

利用できません。

 

できるだけ間を空けずに

通院することをおススメしております。

 

 

メニューはこちら↓

http://bit.ly/1WCHhG1

 

患者様の声はこちら↓

<ホームページ>

http://bit.ly/24m1G8a

<エキテン>

http://bit.ly/1WCHglA

<YouTube>

http://bit.ly/1PRe7RN

 

ご予約はこちら↓

0436-63-3712

 

 

※※健康情報※※

 

今日は【腰が原因ではない脚のしびれ】についてです。

 

よく脚のしびれは腰から来ていると言われる事が多いですが、

神経は基本的に背骨の中にある脊髄(せきずい)から出てきていて、

背骨がつぶれたり、変形したり、ヘルニアになったりして

神経を圧迫するケースが一般的です。

 

ただ、たまにこの腰が原因ではない脚のしびれがあります。

 

 

それは…

 

『お尻の筋肉』

 

です。

 

 

『梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)』

 

とも呼ばれていますが、

お尻の筋肉に梨状筋(りじょうきん)という筋肉があります。

 

その筋肉の近くを

人体の中で最大の太さである坐骨神経が通っています。

 

梨状筋が硬くなったり、伸ばされたりすることで

坐骨神経を圧迫してしびれを起こすという現象が起こります。

 

 

原因は筋肉ですので、

症状を取るには筋肉に対してしっかりアプローチする必要があります。

 

 

○お尻の筋肉を温める(お風呂やホッカイロ)

○お尻の筋肉をマッサージやストレッチする

○骨盤の動きを良くする体操や整体をする

○お尻に影響のある周囲の筋肉(背中や腰、ももなど)をマッサージやストレッチする

○座り方に注意する(脚を組んだり、横座り、お姉さん座り、あぐらを工夫する)

○座る所に注意する(ソファーや体育座りを減らす)

○立ち方に注意する(片脚に体重を乗せない)

○履いている靴をクッション性のあるものに変える

 

 

他にも筋肉に対して負担を減らす方法は色々あります。

 

脚のしびれでも腰からのものでなければ比較的改善しやすいものです。

 

整形外科でレントゲンやMRIを撮って、

腰は違うとはっきり確定診断されてもいいですし、

 

整骨院で徒手検査をして(レントゲンなどをしないでする検査法)

原因を診てもらうということができます。

 

 

今回は脚のしびれについてですが、

同様に腕や手のしびれに関しても似たような原因になるものがあります。

 

 

手脚がしびれていて、なかなか治らないとか、

原因を知りたいと言う方は早めに相談してみてくださいね。

 

※しびれは症状が出てから、できるだけ早く治療を開始することで

 症状軽減のスピードが変わります。

 

 

病院などで診断されたのに、

症状がなかなか良くならない場合は

筋肉に対してのアプローチが不十分な場合が考えられます。

 

病院での治療法が特に変わらず、症状が軽減してこない人は

違う視点からの治療を試すのもいいと思います。

 

 

そんなしびれの症状でお悩みの方は

いつでも相談してくださいね(^^)

 

 

 

☆今日も皆様に全ての良き事が

雪崩の如く起こりますように☆