TEL
MENU

Blog記事一覧 > 予約状況+健康情報,未分類 > 足の裏の痛み(足底腱膜炎) | 2016/7/2(土)予約状況

足の裏の痛み(足底腱膜炎) | 2016/7/2(土)予約状況

2016.07.02 | Category: 予約状況+健康情報,未分類

【足の裏の痛み(足底腱膜炎)】

 

●本日

 

7/2(土)の空き状況

 

・指圧・整体コース

 

11:30~

 

・楽トレコース

 

 9:40~ 11:00~

11:40~

 

 

となっております。

予約時間変更等で

他の時間も空く可能性が

ございます。

 

予約がなくても施術はできますが、

順番にご案内致します。

 

保険診療の方は予約優先制は

利用できません。

 

できるだけ間を空けずに

通院することをおススメしております。

 

 

メニューはこちら↓

http://bit.ly/1WCHhG1

 

患者様の声はこちら↓

<ホームページ>

http://bit.ly/24m1G8a

<エキテン>

http://bit.ly/1WCHglA

<YouTube>

http://bit.ly/1PRe7RN

 

ご予約はこちら↓

0436-63-3712

 

 

※※健康情報※※

 

今日は【足の裏の痛み(足底腱膜炎)】についてです。

 

先月あたりから足の裏の痛みを訴える人が

増えてきています。

 

足の裏には足の指を曲げる筋肉が踵の骨までついています。

 

 

足の裏に痛みが出る場合、かなりの確率で

 

『足底腱膜炎』

 

というものです。

 

先生によっては足底筋膜炎という人もいますが、

足の裏の筋肉が踵の骨を引っ張って、

踵から足の裏にかけて痛みを出すことを言います。

 

 

症状としてよくあるものは、

 

●朝起きて、足をついたら踵に痛みが走る…

●しばらく座っていて立ち上がろうと足をついたら痛みが走る…

●長時間立ってられない…

●歩くのも痛くて引きずりながら歩いている…

●階段が1段ずつ下りないと痛む…

●砂利道を歩けない…

 

などがあります。

 

 

足の裏の筋肉が冷えたり、じっとしたりして固まっている状態から

踵を着いた時に痛みが走ったり、

 

踵が地面にあたるだけで痛みが出たり、

 

速く歩くことが出来なかったりと

筋肉に引っ張られて、といった原因で出ることが多いです。

 

 

足底腱膜炎は身体がこんな状態の人に出やすいです。。。

 

◆体が硬くて、踵を地面につけたまま膝の屈伸が出来ない…

◆扁平足をもっている…

◆足の筋肉が弱い…

◆体重が最近増えてしまった…

◆最近疲れが取れない…

 

など足の筋肉で体重を支えられない環境になると

足底腱膜炎になりやすいです。

 

 

対策としては、

上記の症状や原因を改善していくことです。

 

○足の裏や踵にクッションのあるサポーターやインソールを入れる。

○ぺったんこな靴やサンダルを履かない。

○冷房にあたり過ぎずに特に膝から下を温める。

○筋肉をほぐすようにマッサージやストレッチをする。

○足の裏の筋肉を鍛える為にタオルギャザーをする。

○体重を減らす。

○疲れをとる為に、生活習慣を見直す。

 

など、日常生活をひとつひとつ見直す事が

早く治る為には一番の方法です。

 

 

症状がなかなか取れないとお悩みの方は

いつでも相談してくださいね(^^)

 

 

☆今日も皆様に全ての良き事が

雪崩の如く起こりますように☆