TEL
MENU

Blog記事一覧 > 予約状況+健康情報,未分類 > 変形性膝関節症の治し方 | 2016/7/4(月)予約状況

変形性膝関節症の治し方 | 2016/7/4(月)予約状況

2016.07.04 | Category: 予約状況+健康情報,未分類

【変形性膝関節症の治し方】

 

●本日

 

7/4(月)の空き状況

 

・指圧・整体コース

 

 9:30~ 10:30~

11:00~

 

※午後は現在

 空いております。

 

・楽トレコース

 

 9:00~  9:40~

10:20~ 11:40~

 

15:40~ 16:20~

17:00~ 18:20~

 

 

となっております。

予約時間変更等で

他の時間も空く可能性が

ございます。

 

予約がなくても施術はできますが、

順番にご案内致します。

 

保険診療の方は予約優先制は

利用できません。

 

できるだけ間を空けずに

通院することをおススメしております。

 

 

メニューはこちら↓

http://bit.ly/1WCHhG1

 

患者様の声はこちら↓

<ホームページ>

http://bit.ly/24m1G8a

<エキテン>

http://bit.ly/1WCHglA

<YouTube>

http://bit.ly/1PRe7RN

 

ご予約はこちら↓

0436-63-3712

 

 

※※健康情報※※

 

今日は【変形性膝関節症の治し方】についてです。

 

変形性○○などはケガと違い、

色々な原因によって軟骨や骨が削れていくものです。

 

変形の起こりやすい原因とは…

 

●遺伝

●体重の増加

●筋力の低下

●脚の使い方

●足首のねじれ

 

などが挙げられます。

 

特に自分で防ぐことができない原因が、

 

『遺伝』

 

です。

 

 

遺伝は他の全ての原因が当てはまらないにも関わらず、

必然的に変形が起こります。

 

 

遺伝は家族、親せきに変形性○○になっている人がいれば

可能性は少なからずあります。。。

 

 

そして体重の増加、筋力の低下は

自分の重みを支えられない為、

関節部に負担がかかりやすい状態になります。

 

脚の使い方、足首のねじれは

関節部へ通常の体重のかかり方にならず、

偏った力がかかってしまう状態になります。

 

 

これらの原因のどれか一つ、もしくはいくつか重なり

関節部の軟骨が負担がかかって、削れていってしまいます。

 

 

遺伝以外の原因であれば、

それぞれの原因に対して対策をすれば進行を止めることができます。

 

 

変形性膝関節症に限らず、

変形が起こってしまった関節の治療のゴールは

 

『痛みが取れて、日常生活に不便がなくなること』

 

です。

 

変形した骨が元に戻せると勘違いされている方も非常に多いですが、

残念ながら骨は元には戻せません。。。

 

骨の形を元に戻したい方は

手術で変形した骨を削る他ありません。

 

 

骨は元に戻せませんが、痛みはなくすことができます。

 

しっかりと自分に変形が起こってしまった原因に向き合って、

対策をしいくようにしましょう。

 

 

最後にひとつだけ、絶対に言って欲しくないことあります。

 

 

『加齢は変形の理由にはなりません!!』

 

 

いくつになっても筋肉をつけることはできます。

いくつになっても体重をコントロールすることができます。

いくつになっても足の使い方を気を付けることができます。

 

年齢を理由にトレーニングをしなかったり、

不規則な生活、食事で進行を進めてしまっただけです。

 

 

病院で加齢のせいと言われて諦めていた方が

あさぬま整骨院でしっかりとケアをして痛みがなくなった方はたくさんいます。

 

 

変形が進行する前に早めにケアをしてくださいね(^^)

 

 

 

☆今日も皆様に全ての良き事が

雪崩の如く起こりますように☆