TEL
MENU

Blog記事一覧 > 予約状況+健康情報,未分類 > 負担のかかる姿勢 | 2016/8/26(金)予約状況

負担のかかる姿勢 | 2016/8/26(金)予約状況

2016.08.26 | Category: 予約状況+健康情報,未分類

【負担のかかる姿勢】

 

●本日

 

8/26(金)の空き状況

 

・指圧・整体コース

 

10:00~ 11:00~

11:30~

 

15:00~ 16:00~

17:00~ 18:00~

 

・楽トレコース

 

 9:00~ 10:20~

11:00~

 

15:40~ 16:20~

17:40~ 18:20~

 

 

混雑状況によっては

楽トレの案内が遅れる場合があります。

 

スタッフの手が空き次第ご案内しますので、

ご了承ください。

 

 

メニューはこちら↓

http://bit.ly/1WCHhG1

 

患者様の声はこちら↓

<ホームページ>

http://bit.ly/24m1G8a

<エキテン>

http://bit.ly/1WCHglA

<YouTube>

http://bit.ly/1PRe7RN

 

予約はこちら↓

0436-63-3712

 

 

※※健康情報※※

 

今日は【負担のかかる姿勢】についてです。

 

今日はどのような状態で姿勢が悪くなりやすく

どのように負担がかかるのかをお伝えします。

 

 

 

●猫背

 

1.背中が丸くなるタイプ

 

背骨が変形して前かがみになったまま固まります。

衝撃に弱く、疲れやすくなります。

運動のパフォーマンスも下がりやすくなります。

 

 

2.肩が内側にねじれるタイプ

 

肩がねじれることで肩甲骨が外側に引っ張られます。

肩の動きをしようとすると引っかかりやすく、

肩や肘のスポーツ障害や五十肩になりやすくなります。

 

 

3.首が前に行くタイプ

 

頭の重みに耐えられずストレートネックになります。

首がまっすぐの為、衝撃に弱く、筋肉の疲労が早くなる為、

頭痛、吐き気、コリがより強くなりやすくなります。

 

 

●反り腰

 

お腹を前に突き出すような姿勢で

腰椎が反りすぎた形になってしまいます。

 

腰の変形やすべり症、猫背になりやすくなります。

 

 

●腰・お尻の筋力低下

 

座っている時のバランスを保てず

上半身全体に力がかかりやすくなります。

 

肩こりや首のこりにつながりやすくなります。

 

 

●足首の硬さ

 

立っている時のバランスを保てず、

骨盤、腰椎、頸椎と負担がかかりやすくなります。

 

肩こり首のこり、腰痛の原因になりやすくなります。

 

 

姿勢が悪いにも色々種類があります。

 

自分がどの影響で姿勢が悪くなるのかを

意識してみてください。

 

 

次回は対策(セルフケア)についてです。

 

☆今日も皆様に全ての良き事が

雪崩の如く起こりますように☆