TEL
MENU

Blog記事一覧 > 予約状況+健康情報,未分類 > 悪い夢は眠りの質が悪くなっているというサイン | 2016/11/1(火)予約状況

悪い夢は眠りの質が悪くなっているというサイン | 2016/11/1(火)予約状況

2016.11.01 | Category: 予約状況+健康情報,未分類

【悪い夢は眠りの質が悪くなっているというサイン】

 

◆◆◆◆診療情報◆◆◆◆

 

11月3日(木)文化の日 休診

 

11月5日(土)文化祭出店の為

     11:30受付終了

 

宜しくお願い致します。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

●本日

 

11/1(火)の空き状況

 

・指圧・整体コース

 

10:00~ 11:00~

 

15:00~ 16:00~

18:00~ 18:30~

 

・楽トレコース

 

 9:40~ 10:20~

11:00~ 11:40~

 

15:00~ 15:40~

16:20~ 17:00~

17:40~

 

となっております。

 

メニューはこちら↓

http://bit.ly/1WCHhG1

 

 

患者様の声はこちら↓

<ホームページ>

http://bit.ly/24m1G8a

<エキテン>

http://bit.ly/1WCHglA

<YouTube>

http://bit.ly/1PRe7RN

 

 

予約はこちら↓

0436-63-3712

 

 

※※※健康情報※※※※

 

【悪い夢は眠りの質が悪くなっているというサイン】

 

眠りの質がよくないと、悪い夢を見ることが多くなるようです。

 

悪夢にうなされることが多い人は、

 

○枕を変えてみる

○生活リズムを整える

○よい睡眠をとる工夫をする

 

こんなことを心掛けてみましょう。

 

 

夢のメカニズムに関しては多くの研究者が

脳の研究を進めていますが、

 

ショッキングな出来事があった場合、

それが強いトラウマになり、

後にそれを突然思い出すことがあります。

 

これを

 

【フラッシュバック】

 

と言いますが、この現象を睡眠時に起こることが

悪夢のひとつと考えられています。

 

 

人はいろいろな夢を見ますが、

朝起きるとだいたい覚えていません。

 

しかし、悪い夢は印象が強いので

目覚めてからも記憶に残りやすいのです。

 

 

悪夢を頻繁に見る人の割合は

人口の5~10%と言われています。

 

 

この悪夢を見ると言う事は

睡眠の観点から言うと、

 

【睡眠の質が悪い】

 

と言えます。

 

つまり、悪夢対策は

 

『質の高い睡眠を取って浅い眠りから抜け出す事』

 

が重要になってきます。

 

 

 

睡眠の質を上げる方法として、

 

○枕やシーツ、マットレスなど寝具を身体に合うものに変えてみる

○起床時間や就寝時間など生活リズムを整える

○アロマや音楽などリラックスできる環境を整える

○身体を温かくできるように湯たんぽなどを活用する

 

などひと工夫で睡眠の質がグッと上がって

悪夢を見なくなることができるかもしれません。

 

 

最近いい夢を見ていないなと言う人は

少し睡眠の質について考えてみるのもいいかもしれませんね(^^)

 

あさぬま整骨院で扱っている整体枕はこちら↓

http://bit.ly/2bea9oK

 

☆今日も皆様に全ての良き事が

雪崩の如く起こりますように☆