TEL
MENU

Blog記事一覧 > スポーツ障害,未分類 > 市原市 2012中学総体バスケットボール

市原市 2012中学総体バスケットボール

2012.07.19 | Category: スポーツ障害,未分類

千葉県市原市ちはら台にあるスポーツ障害治療専門院のあさぬま整骨院です。

 

今回、当院の患者さんが多くいるバスケットボール部の結果とスポーツ障害についてお伝えしようと思います。

 

今年の結果は・・・

男子 優勝 辰巳台中学校

    準優勝 五井中学校

    3位 ちはら台南中学校

    4位 若葉中学校

 

女子 優勝 辰巳台中学校

    準優勝 ちはら台南中学校

    3位 菊間中学校

    4位 有秋中学校

 

なぜ知っていたかというと・・・

 

そこに出場している子のテーピングを巻きに、昼休みに抜けて行ってきました。

 

バスケットボールの多いケガは

①捻挫(ねんざ)

②打撲

です。

 

オスグッドやジャンパーズニーなどの膝のスポーツ障害も多いスポーツですが、圧倒的に上記のケガが多いのも特徴です。

 

なぜなら、

ジャンプした時に足元に相手がいるスポーツだからです。

さらにドリブルでゴールに近づくと、左右から足やら膝やら飛んできて、やられ放題・・・

 

かく言う私も、昔バスケットをしていたのでよくわかります・・・

 

というわけで、大会中でも捻挫や打撲をしてもどうしても大会に出たい場合のアドバイスをしておきます。

 

まず

①時間があればとにかくアイシング

②関節部のケガ(捻挫)であればテーピング(少し硬めの方が、ケガ直後は比較的守ってくれます)

③筋肉部のケガ(打撲)であれば包帯などがあれば軽く圧迫して締めてあげると楽になります。

 

骨折ではないケガの大部分の痛みは腫れ(はれ)です。

これを最小限に抑えることが、その後のプレーに影響してきます。

 

今度オリンピックがありますね。

その時に持ち込まれる最新の機械を当院では採用しています。

 

大会に間に合わせたいとか、ケガを早く治したいという方は一度ご相談くださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

皆様に全ての良き事が雪崩の如く起こりますように