TEL
MENU

Blog記事一覧 > 予約状況+健康情報 > 座り方を工夫して腰痛を防ぐ | 2017/3/2(木)予約状況

座り方を工夫して腰痛を防ぐ | 2017/3/2(木)予約状況

2017.03.02 | Category: 予約状況+健康情報

【座り方を工夫して腰痛を防ぐ】


●3/2(木)の空き状況

・指圧・整体コース

9:00~ 10:00~

16:00~ 17:30~
18:30~

・楽トレコース

※午前中は現在空いております。

17:00~ 17:40~
18:20~

・クォンタムアイ

9:00~ 10:00~
11:00~

15:00~ 16:00~
17:00~ 18:00~


となっております。


予約がなくても診療できますので、
そのままご来院ください。

予約がすぐに埋まる可能性が高いので、
ご希望の方はお早めに
お問い合わせください。

予約はこちら↓
0436-63-3712

保険診療の方は予約優先制は
利用できません。


メニューはこちら↓
http://bit.ly/1WCHhG1


※※健康情報※※

【座り方を工夫して腰痛を防ぐ】

最近、産後の方や腰痛で来ている方に
教える機会が続けてあったので紹介しようと思います。

座り方は肩こり、腰痛の原因にもなりやすく、
かなり大事な部分になってきます。


日常生活をしていて、一日の中でどのくらいの時間を
座って過ごしていますか??


座っている時間の比率が高い人ほど、
今日の座り方でかなり症状は軽減します。


まず、正しい座り方と言って紹介されやすいのが
画像のような座り方です。



横から見ると一直線になっているので
身体のバランスがうまく取れていると思います。


しかし、この姿勢も実は長時間していると
腰や股関節が苦しくなってきます。

なぜかというと…

股関節が90度に曲がっているからです。


股関節が90度に曲がるという事は、
骨盤が後ろに倒れやすい状態になってしまいます。

その為、背もたれを使ったり、
背中を丸くしたりしてバランスを取ろうとします。

無理矢理、姿勢を保とうとすると
骨盤や腰が力を入れ続けないといけません。


腰や骨盤に負担のかからない座り方は、

座布団やバスタオルなどを折り曲げて、
少し傾斜のある状態にします。

後ろから前に向かって傾斜が低くなっていく向きに
座布団を設置します。

その上に腰を下ろしてみてください。


そうすると、
まず股関節が曲がり過ぎないことに気付くと思います。

さらに、骨盤が倒れにくくなって、
しっかり骨盤が立っていることにも気付きます。

まっすぐの姿勢がすごくやりやすくなります。


ちょっと工夫するだけでも
腰や骨盤の負担が減ってきますので、
是非試してみてくださいね(^^)


※※※※※※※※※※※※

☆今日も皆様に全ての良き事が
雪崩の如く起こりますように☆