TEL
MENU

Blog記事一覧 > 交通事故 治療,未分類 > 交通事故のケガは普通のケガとは違う

交通事故のケガは普通のケガとは違う

2012.09.20 | Category: 交通事故 治療,未分類

千葉県市原市ちはら台西にある全国交通事故治療認定院のあさぬま整骨院です。

 

今回のテーマは「交通事故のケガは普通のケガとは違う」です。

 

8月から交通事故のケガで来院される患者さんが増えてきました。

今までも感じていたのですが、交通事故でのケガは一般的なスポーツなどで起こるケガとは全然違います。

 

通常ケガをした場合、組織の炎症(痛み物質を出す状態で熱を持っている)はだいたい2日から3日で治まってきます。

適切な処置をしていない場合でも1週間くらいあれば軽減していきます。

 

しかし、交通事故の場合は違います。

ケガの度合いも何10kmものスピードでぶつかった強さは体に対してかなりのダメージを残します。

普通のケガをしたときの治り方の3倍も5倍も遅く時間がかかります。

 

早期に治すにはこの炎症をしっかり抑えないと道筋ができません。

交通事故の知識がないと、この期間を考えずに通常通りのケガのつもりで治療をしてしまうと、後が大変になってしまいます。

 

症状が改善されていかない場合は交通事故治療の専門スタッフがいるところへ通院することをおすすめします。

 

当院は全国交通事故治療認定院として、専門スタッフが常に対応しています。

もし自分の症状が気になる方は一度ご相談ください。

 

交通事故治療専門HPはこちら

あさぬま整骨院のHPはこちら

むちうち症の症状はこちらをご覧ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆様に全ての良き事が雪崩の如く起こりますように