TEL
MENU

Blog記事一覧 > 予約状況+健康情報 > 試合前にケガしてしまった時の対処法 | 2017/7/29(土)予約状況

試合前にケガしてしまった時の対処法 | 2017/7/29(土)予約状況

2017.07.29 | Category: 予約状況+健康情報

【試合前にケガしてしまった時の対処法】

●7/29(土)

・指圧・整体コース
・楽トレコース
・クォンタムアイ
※ 満員御礼 ※

本日の予約受付は終了しました。


※※健康情報※※

【試合前にケガしてしまった時の対処法】

今は県総体が始まってきて、
大きい大会もしばらくない状態になる時期です。

今更ですが、試合前のケガについて触れてみます(笑)


大会はないけど、練習試合が近いとか
選手を決める校内試合が近いとか

後がないわけではないけど
学生にとっては、どうしても出たいという
試合はちょこちょこあります。

この時期は代が代わって、
新しいレギュラー選びの為に
練習を休まずに出ておきたいと
頑張りすぎる時期です。


なので、もしもの時の為に
覚えておいてくださいね。

ケガをした時に、
まず自分でしておくべきことは

○アイシング
○その後の練習を休む
○お風呂に入らない

そして、

◎整形か整骨院に早めに行く

というのがベストです。


整形外科ではケガの状態を
レントゲンやMRIで詳しく診る事できます。

整骨院では治療の為の固定や
復帰に向けてのテーピング、筋トレなど
細かな施術ができます。


治療を進めていく上で大事なのが

『現状を知る』

と言う事です。


まず、ケガの状況がどの程度なのか、
そのケガであればどのくらいで完治するのか、
このケガの状態でテーピングなどをしたらどのくらい動けるものなのか、
練習を続けながら治した時に後遺症がどのくらい残る可能性があるのか、
今無理すべきではないのか、


など『現状を知った』上で、
計画を立てていきます。

このケガが、

どのように治るものなのかを理解してもらい、
その上で悪化する動作は何か、
悪化しない動作は何か、

など、

ケガの状態確認から
その子のスポーツ別のリスク確認、
チームの状況確認まで

本当に細かく指導をしていきます。


治療せずにプレーを続けたり、
現状を理解していない状態で復帰したりすれば

ほぼ後遺症は残りやすくなってしまいます。


この夏、できればケガがなく
学生の部活生活を存分に楽しんでもらいたいです。

もし、何か気になる症状が出てきてしまったら、
いつでも相談してくださいね(^^)


☆今日も皆様に全ての良き事が
雪崩の如く起こりますように☆