TEL
MENU

Blog記事一覧 > 予約状況+健康情報 > シンスプリントは我慢する程治りが悪いです | 2017/9/25(月)予約状況

シンスプリントは我慢する程治りが悪いです | 2017/9/25(月)予約状況

2017.09.25 | Category: 予約状況+健康情報

【シンスプリントは我慢する程治りが悪いです】

■■お知らせ■■

9/26(火)良子先生午前不在

9/29(金)木下先生夏休み
    良子先生午後不在

9/30(土)院長・良子先生
子供の運動会出席の為不在
※この日は完全予約制

■■■■■■■■


●9/25(月)予約空き状況

9:30~ 11:30~

15:00~ 15:30~
16:00~ 16:30~
17:00~ 18:00~
18:30~

※2枠以上空いている時間帯を
紹介するようにしました。
担当によって予約枠が空いている場合が
ありますので一度お電話ください。

予約がない場合は順番にご案内しますので、
お時間に余裕を持ってご来院ください。

・楽トレコース

11:00~ 11:40~

15:00~ 15:40~
16:20~ 17:00~

・クォンタムアイ

9:00~ 10:00~
11:00~

15:00~ 16:00~
17:00~


となっております。

ご希望の方はお早めに
お問い合わせください。

予約はこちら↓
0436-63-3712

メニューはこちら↓
http://bit.ly/1WCHhG1

患者様の声はこちら↓
<ホームページ>
http://bit.ly/24m1G8a
<エキテン>
http://bit.ly/1WCHglA
<YouTube>
http://bit.ly/1PRe7RN


※※健康情報※※

【シンスプリントは我慢する程治りが悪いです】

シンスプリントは、『弁慶の泣き所』とも言われている
すねの骨の痛みを言います。

基本的に走り込みのあるスポーツ、
陸上、サッカーなどのスポーツに多く発生しやすいです。

シンスプリントが起こる原因として、
多くの要因が言われています。

●運動量が多すぎる
●運動時間が長すぎる
●運動内容が合っていない
●練習日数が変わった
●フォームを変更した
●硬い路面を走ることが増えた
●薄く硬いシューズ(踵が削れてしまった靴)
●脚の形態異常(O脚、回内足、扁平足など)
●ふくらはぎの柔軟性低下
●股・膝・足関節の柔軟性低下
●足関節可動制限

全てを変えることはほぼ不可能ですが、
負担を減らすことができれば
練習をしながら治してていくこともできます。

ただし、それも初期の内に対策をしなければなりません。


悪化してしまったら、
ある程度の期間は練習を休むという選択肢も考えないと
疲労骨折などもあり得ます。

もし症状が出始めたら
悪化しないように
出来るだけ早く対策をしましょう。

基本は自分で変えられる所からです。


監督やチームトレーナーが
必ずしもスポーツ障害について詳しいとは限りません。

身体への負担を知らずに
メニューを組んでいることもあります。

指導側を変えることは非常に難しいです。


指導側の問題だけではありません。

選手の側が身体ができあがっていなくて
練習についていけない場合があります。

基礎練習が足りず
身体ができあがっていなかったり、

身長が急に伸びたりすると
必要な筋力が間に合わない場合があります。

まずは自分の状態を把握することも大事です。


あさぬま整骨院では
スポーツ障害の子には状態を診て、
インボディを勧めることもあります。

シンスプリントは
しっかり自分の状態を把握して
治療を進めることが大事です。

足のすねの痛みが出始めたら、
様子見たりせずに早めに相談してくださいね^^


☆今日も皆様に全ての良き事が
雪崩の如く起こりますように☆