TEL
MENU

Blog記事一覧 > 接骨・整骨・柔道整復・柔整,未分類 > 冷えから誘発されるぎっくり腰

冷えから誘発されるぎっくり腰

2012.11.20 | Category: 接骨・整骨・柔道整復・柔整,未分類

千葉県市原市ちはら台西のあさぬま整骨院です。

 

今日のテーマは「冷えから誘発されるぎっくり腰」です。

 

最近少しずつ寒くなってきましたね。

気温の低下に合わせて、当院ではぎっくり腰で来院される患者さんが増えてきました。

 

原因は・・・

 

「冷え」

 

なぜ冷えるとぎっくり腰が増えるのでしょうか?

 

様々な原因が重なっているのですが、

一番の要因は夏頃に疲労が溜まっていた筋肉が、

寒さで固まって縮こまっている状態で

腰に負荷をかけたため起こることがあります。

 

当院に来院された患者さんでもかなり筋肉がこわばって、

足首を触ると冷え切っている、

 

そんな患者さんが見られてきました。

 

筋肉は温まって、緩んでいる状態で大きく力を出せる状態になります。

冷えて縮こまった筋肉は下手をすれば肉離れなんてこともあるぐらい注意が必要です。

 

 

ギックリ腰を起こしても早期の治療をすればすぐに復帰できます。

その前にギックリ腰にならない為の予防があればさらにいいですよね?

 

自分の体のチェックを時々してあげてくださいね。

 

あさぬま整骨院のHPはこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆様に全ての良き事が雪崩の如く起こりますように