TEL
MENU

Blog記事一覧 > 予約状況+健康情報 > 気温が下がったら、腰や肩が硬くなった… | 2017/10/5(木)予約状況

気温が下がったら、腰や肩が硬くなった… | 2017/10/5(木)予約状況

2017.10.05 | Category: 予約状況+健康情報

【気温が下がったら、腰や肩が硬くなった…】

■■お知らせ■■

10/6(金)浦田先生夏休み

10/9(月)体育の日休診

10/10(火)良子先生午前中不在

■■■■■■■■


●10/5(木)予約空き状況

9:00~  9:30~
11:00~ 11:30~

15:30~ 16:00~
16:30~ 17:00~
18:00~ 18:30~

※2枠以上空いている時間帯を
紹介するようにしました。
担当によって予約枠が空いている場合が
ありますので一度お電話ください。

予約がない場合は順番にご案内しますので、
お時間に余裕を持ってご来院ください。

・楽トレコース

10:20~ 11:40~

17:00~

・クォンタムアイ

9:00~ 10:00~
11:00~

15:00~ 16:00~
17:00~


となっております。

ご希望の方はお早めに
お問い合わせください。

予約はこちら↓
0436-63-3712

メニューはこちら↓
http://bit.ly/1WCHhG1

患者様の声はこちら↓
<ホームページ>
http://bit.ly/24m1G8a
<エキテン>
http://bit.ly/1WCHglA
<YouTube>
http://bit.ly/1PRe7RN


※※健康情報※※

【気温が下がったら、腰や肩が硬くなった…】

昨日からまた一段の気温が下がってきましたね。

夏は冷房で冷えに注意の話をしていましたが、
これからは常に冷えに注意の時期になります笑


足元を冷やすと冷たい血液が心臓に戻る為、
腰や内臓に負担がかかることが多いです。

その為、ギックリ腰や内臓の疲労にも繋がってきます。


昨日の患者さんにも何人かにはお話ししましたが、

『手で脚を触って、冷たいと感じたら脚は冷えています』


結構、脚の冷えって自覚が少ない人が多いです。

でも、手で触って冷たいと感じるという事は
血流が脚の方が悪いという事です。

脚の循環が悪くなっていると
必ず血管の影響が出る部位に症状が出てきてしまいます。


例えば筋肉は血管が豊富なため、
循環が悪くなれば硬くなり、伸び縮みがしづらくなります。

内臓であれば
消化器系は消化に影響が、
腎臓系は体温調節や血液のろ過に負担が、
心臓系であれば全身の循環や血圧に影響がでます。


そろそろ寒い時期に備えて、

◇ヒートテックや長袖長ズボンなどの服装
◇温まる食事
◇毛布や羽毛布団などの寝具
◇お風呂の温度を上げる
◇暖房器具の準備
◇電子レンジで温める湯たんぽ

など少しずつ変えていくと
急な寒さにも対応できると思います。


身体が冷え切ってから準備すると
対応する力がない為、回復に時間がかかってしまいます。

ちょっと早いかなって思いますが、
身体にとっては大事です。

早め早めを心掛けてみてくださいね^^


☆今日も皆様に全ての良き事が
雪崩の如く起こりますように☆