TEL
MENU

Blog記事一覧 > 予約状況+健康情報 > なぜ痛みやしびれは放っておくと治りにくくなるのか? | 2017/10/14(土)予約状況

なぜ痛みやしびれは放っておくと治りにくくなるのか? | 2017/10/14(土)予約状況

2017.10.14 | Category: 予約状況+健康情報

【なぜ痛みやしびれは放っておくと治りにくくなるのか?】

■■お知らせ■■

10/21(土)良子先生不在

■■■■■■■■


●10/14(土)予約空き状況

≪院長≫

※満員御礼

≪浦田先生≫

9:00~  9:30~

≪木下先生≫

10:00~ 11:00~
11:30~

予約がない場合は順番にご案内しますので、
お時間に余裕を持ってご来院ください。

・楽トレコース

9:00~ 10:20~

・クォンタムアイ

9:00~ 10:00~
11:00~


となっております。

ご希望の方はお早めに
お問い合わせください。

予約はこちら↓
0436-63-3712

メニューはこちら↓
http://bit.ly/1WCHhG1

患者様の声はこちら↓
<ホームページ>
http://bit.ly/24m1G8a
<エキテン>
http://bit.ly/1WCHglA
<YouTube>
http://bit.ly/1PRe7RN


※※健康情報※※

【なぜ痛みやしびれは放っておくと治りにくくなるのか?】

今日のテーマはよくあるケースです。

ちなみにこの話は、
病院や整骨院に通っていても起こってしまう話です。


痛みやしびれは原因があって起こります。

その原因をできるだけ早く見つけて、
原因を取り除くようにしていくと
症状は軽減してきます。

しかし、治療をしていても症状が軽減しない場合は

その治療が原因に対して効果がない、
または原因が違う、

という状態になっています。


そのような状態でいるのは、
治療をせずに放っておくのと同じことです。


それでは、

『なぜ、放っておくと治りにくくなるのでしょうか?』

それは、人間は症状を持っていると
その部分に負担をかけないように

≪かばう≫

という習性を持っています。

防御反応ともいうのでしょうか。

その症状のある部分を守る為に
周囲の筋肉や関節に負担をかけてしまいます。

そして患部をかばい続けることで
身体がゆがんだり、内臓などに負担をかけて
患部を楽にしようと働きます。

そして、かばっている所は
通常の働きをしつつ、患部を守っているので
負担がどんどん増していきます。


仕事でも他の人が急遽休んだら、
その仕事のしわ寄せがあなたにかかってきますよね?

そんな風に周囲に負担をかけると
負担をかけられた人もだんだん疲弊していきます。

そして、今度はあなたが倒れたら、
さらに他の人にしわ寄せが…

もう見てられませんよね(^^;;


人間の身体はまさにこのような状態を
無意識で行っています。

症状を放っておくということは
どんどん悪い範囲を広げているようなものです。


どうしようもなくなって
その時に慌てて治療をしても遅いですよね。

さらに、そこまで溜めたものを
一度に取り除くなんて無理です。。。


残念ながらそんな力を持った神様はいません。


私達、治療家はそんな力が欲しいと日々研鑚していますが、
まだまだ未開の領域です。

昔に比べたら施術はかなり進化はしていますが、
恐らく人間の身体に対してはまだまだ足りません。


もし、自分の症状がなかなか治らないという人は、
しっかり自分の身体に向き合うことが必要です。

重要なことは≪3つ≫です。


○施術を受けて変化があるけど、症状が残る場合は、
少しでも身体にかかる負担を減らす努力をすること。

※ストレッチや入浴、質のいい睡眠や食事などを意識すること。


○施術を受けて変化がない場合は、担当の先生に直談判すること。

※変化がないならないで伝えることで、違うアプローチが出来ます。
 伝えたのに、何も変わらず様子を見ましょうという場合は
 他の病院に変えましょう。
 他のアプローチ方法を持っていないという事です。


○自分の身体の変化を意識すること。

※今まで自分の身体に対して無関心になり過ぎです。
 これからでも十分間に合いますので、いい方、悪い方、
 なんでも構いませんので、変化を感じ取るように心掛けましょう。


時の経過で注意した方がいいとよく言われる期間が、

3日、3週間、3ケ月、3年と言いますね。

『3』という数字はすごく重要なんだそうです。


3日は治療をした時に変化があったかを確認することができます。
放っておいて良くなれば問題ないです。

3週間は治療をした時に変化があり、
その効果が持続しているかを確認します。
放っておいた場合は症状が軽減していなければ要注意です。

3ケ月は治療をした時にはほぼ気にならないレベルになっているはずです。
放っておいた場合はかなり慢性状態なので回復に時間がかかります。

3年は治療をしていれば、そんな症状をすっかり忘れているかもしれません。
放っておいた場合は別の症状が主張していて、
大元の原因はもはやどこだか分からなくなっていることでしょう。


気になる症状はできるだけ早く専門家に相談して、
変化を意識して、少しずつでも身体が良くなるように
治療とセルフケアを続けてみてくださいね。


今日も長文にお付き合いいただきありがとうございました^^


☆今日も皆様に全ての良き事が
雪崩の如く起こりますように☆