紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
MENU

Blog記事一覧 > 症状別健康情報 > 捻挫で関節が固まる!?

捻挫で関節が固まる!?

2013.05.30 | Category: 症状別健康情報

今日は『捻挫後に関節が固まってしまったという場合』についてです。

4月を過ぎてから整骨院に上記のような患者さんが数件続いたので、このテーマで話をしようと思います。



骨折をした後に長期間固定して外した時に関節が固まって、
リハビリが必要という話は聞いたことがあると思います。

これを『関節拘縮』と言います。

関節拘縮は骨折がくっつくまで固定していて、固定を外した時に関節の
軟部組織(靭帯・筋肉など)が固まってしまうことをいいます。

関節拘縮を悪化させる要因として、ケガをして内出血が関節に残ったりすると、
その関節の固まる度合も強くなる傾向にあります。

人間の体は非常に優秀なので動かさない関節は必要ないと判断して活動を休止するようになります。

素直な方ほど固定されると、その周囲の関節まで全く動かさないで大事にするようになります。


そのように過ごすとケガをしたところの関節だけでなく、周囲の関節まで関節拘縮を起こすことがあります。

関節部は大きい動きを求められますので、
少しの硬さでもひっかかりの原因となって動かせなくなります。

軽くても関節拘縮を起こしてしまうと関節が固まったという感覚がすごく強くなります。

それを予防するために骨折などのケガで固定している時などは、
整骨院では固定していない関節の運動を勧めるようにしています。



最近当院に相談にくるケースで多かったのが、骨折ではなく捻挫でのケースでした。

捻挫では通常骨折よりも固定期間が短い為、関節が固まることは少ないはずでした。

しかし、先程述べた関節内の内出血が多く残っていたとか、
1か月固定と経過も見ずに放置されてしまったことにより
上記のような関節拘縮が起こってしまいました。

骨折をした時に病院などでギプスなどで固定された場合、
固定していないところは患部に痛みが響かなければどんどん使っていきましょう。

捻挫の場合も痛みがなければ少しずつ動かしていきましょうね。

このケガの時はどうすればいいの?とか個人的な質問があればLINE@やお問い合わせより連絡ください(^^)

あさぬま整骨院では症状改善・治療コースという痛みやしびの治療に特化したコースがあります。

こちらのコースでは病院でのリハビリが終了してしまった、
昔のケガの後遺症が気になる、

といった方も利用できるコースです。

症状改善・治療コースのページをチェックする場合はこちらをクリックしてください




あさぬま整骨院LINE@を友達追加すると、初診時に使える特別クーポン予約をすることが可能です。




2018年より予約優先制がしっかり浸透してきたので、予約なしで来院された場合はお待たせしてしまう可能性があります。

来院しようと思った方は当日の予約はお電話で、明日以降の予約はLINEやホームページおお問い合わせ・予約ページよりご連絡ください。

<当日予約>
電話はこちら ⇒ 0436-63-3712
<明日以降の予約>
お問い合わせ・予約ページはこちら ⇒ お問い合わせ・予約


最後までお読みいただきありがとうございました^^

☆皆様に全ての良き事が雪崩の如く起こりますように☆