TEL
MENU

Blog記事一覧 > スポーツ障害,接骨・整骨・柔道整復・柔整,未分類 > 【子供のかかとの痛み/セーバー病(踵骨骨端症)の原因と対策】

【子供のかかとの痛み/セーバー病(踵骨骨端症)の原因と対策】

2013.05.31 | Category: スポーツ障害,接骨・整骨・柔道整復・柔整,未分類

 

【子供のかかとの痛み/セーバー病(踵骨骨端症)の原因と対策】

 

 

前回の続きです。

 

今日は原因と対策についてお話しします。

 

 

 

■原因■

 

直接的な原因については紹介されていません。

しかし、かかとに負担のかかるものを取り除くといったことが

症状軽減には確実に効果があるので、当院の見解をお伝えします。

 

走る時のフォーム … かかとに強い力を入れやすいフォーム

長距離ランナー  … かかとに繰り返し起こる衝撃

スパイクを履くスポーツ … かかとへの衝撃吸収が少なく負担大

かかとの骨に付着する筋肉の硬さ … ふくらはぎ、土踏まずの筋肉

                  衝撃を吸収する筋肉の疲労or筋力低下

高い所からの着地 … 衝撃によりかかとに強い炎症を誘発

 

 

などなど

 

上記のような原因が重なった時にこの疾患になるのではないかと

考えています。

 

 

 

■対策■

 

☆超重要☆

 

かかとに炎症が起きている(熱をもっている)

 

⇒ この場合はとにかくアイシングを行ってください。

  アイシングは氷でひたすら冷やします。

  湿布や市販の貼って冷やすといった商品は効果は期待できません。

 

  当院ではアイシングは氷以外は推奨していません。

 

 

その他の原因に対して負担を減らすことを行う

 

フォームの悪さ ⇒ フォームの修正

クッションがない ⇒ インソールなどの検討

筋肉が硬い  ⇒  マッサージやストレッチ(痛みのない範囲で)

          ※かかとの直接のマッサージはダメです!

長距離ランナー ⇒ インソールやテーピングを使って衝撃吸収を助ける

 

 

といった感じで、思い当たる原因に対して負担を減らすことを考えていくと

症状が軽減していきます。

 

 

炎症に関しては100%消失させなければ痛みはなくなりません。

熱をもっている間は徹底してアイシングを行いましょう。

 

 

今回のかかとの痛み(セーバー病)以外のスポーツ障害も基本的には

原因を考えてそれを取るというシンプルな治療が一番治りがいいです。

 

 

上記の事をやっているのに症状が取れない場合は

対策が合っていないか、症状が強すぎて追い付いていません。

 

早めにしっかり治療してくれるところで施術をしてもらってくださいね。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

☆皆様に全ての良き事が雪崩の如く起こりますように☆

 

浅沼 浩幸

 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

人気ブログランキングに登録しました。

この記事が役に立ったな~と感じてくださったら、応援クリックをお願い致します♪

右下に「現在○○位」というバナーが出てきますのでそちらをポチッとクリックしていただけると嬉しいです(^^)

 

ご協力お願いします♪♪

⇒ http://bit.ly/1gl9RfQ

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

返金保証付き おススメダイエット法

 

≪女性専用筋トレダイエット “マッスル・ビーナス”≫

 

1日15分 30日で結果が見える!

美しく引き締まったメリハリボディになれる

『女性用”筋トレ”ダイエット』

 

購入者の喜びの声はこちらから

⇒ http://bit.ly/1F8eJ3x

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

なかなか来院できない方の自宅用エクササイズ

 

≪腰痛ダブダブ体操≫

 

今なら13講義が無料で視聴できる!

基本エクササイズ1・2

カラダがもっと楽になるエクササイズ1・2

日常生活のポイント1~9

 

全54講義の内容も紹介してくれます♪

⇒ http://bit.ly/1F8foBY

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

モバイル会員募集中です♪

あさぬま整骨院から公式メルマガ、キャンペーン情報が届きます。

登録は下記のリンクか左のバナーよりお願いします。

 

⇒ http://asanuma-seikotsu.mobi

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 

ブログ発行者情報

 

あさぬま整骨院

 

住所   :    千葉県市原市ちはら台西5-23-5  丸藤会館107号室

                 (セイムスさんの隣の建物です)

診療時間    :    午前9:00~12:00、 午後3:00~7:00

電話番号    :    0436-63-3712

休診日    :     水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝祭日

※治療は予約制ではありませんのでお電話で混雑状況を確認するか、

  直接ご来院ください。