TEL LINE
MENU

Blog記事一覧 > 予約状況+健康情報 > 姿勢が悪いと回復しにくくなります | 2018/4/13(金)予約状況

姿勢が悪いと回復しにくくなります | 2018/4/13(金)予約状況

2018.04.13 | Category: 予約状況+健康情報

【姿勢が悪いと回復しにくくなります】

■■お知らせ■■

4/17(火)
吉成さん お休み

■■■■■■■■

●4/13(金)予約空き状況

・指圧・整体コース

10:00~ 10:30~
11:00~ 11:30~

15:00~ 15:30~
16:00~ 16:30~
17:00~ 17:30~
18:00~ 18:30~

※夜の時間は予約いっぱいとなりました。

※担当によって予約の空きがある場合がありますので、
 ご予約の際に確認してください。


・楽トレコース

9:00~  9:40~
10:20~

15:00~ 15:40~
16:20~ 17:40~
18:20~


・クォンタムアイ

10:00~ 11:00~
15:00~ 16:00~
17:00~ 18:00~


となっております。

ご希望の方はお早めに
お問い合わせください。

予約はこちら↓
0436-63-3712

※当日予約はお電話ください。
※明日以降の予約はメッセージからでも予約可能です♪


※※健康情報※※

【姿勢が悪いと回復しにくくなります】

最近、再発予防を意識するように説明していますが、
初めて来院される方だけでなく、
今まで何度も来院されている方も姿勢が気になる時があります。

姿勢が悪くなる時は理由は様々です。

●パソコンなどの作業が忙しかった…
●草むしりなど前かがみが多かった…
●子供を抱っこする時間が長かった…
●うっかりソファーでうたた寝をしてしまった…
●昔からのクセです…

『姿勢が悪い』

と気付いている人はまだ改善した方がいいだろうなと
何となく自覚している人が多いので姿勢の話をすると、
改善しようという意識が高いので安心です。

しかし、

『自分の姿勢が悪いと思っていない』

という人は自覚が全くないので、
姿勢の話をしても自分の話ではないと思って聞き流してしまう人がいます。


まずは自分の姿勢がどの程度なのかをチェックしてみてください。

チェックポイントは

○耳の穴
○肩
○大腿骨の横の出っ張っている骨
○足首の外くるぶし

この4点が一直線上にあるようにします。

そこで力を抜いた時に
その一直線を維持できるかどうかを確認しましょう。

力を抜いたら姿勢が丸くな
肩が前に行く、
頭が前に行く、
股関節が曲がる、
膝関節が曲がる、

など一直線を力を抜いても維持できない場合は、
姿勢が悪くなっていてバランスが保てていない状態だということになります。


バランスが保てていない状態は、

○回復力が落ちる
○ケガをしやすくなる

というリスクが上がります。

正しい姿勢を意識して
その姿勢を維持できるかどうかを試してみてください。

自分の健康状態がチェックできますので、
もし姿勢を維持できない場合はスタッフに早めに相談してくださいね^^


☆今日も皆様に全ての良き事が
雪崩の如く起こりますように☆