紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

ストレッチの種類の目的、強度や時間の取り方について | 2018/6/6(水)予約状況 | あさぬま整骨院は、千葉県市原市・千葉市緑区を中心に、交通事故や肩こり、腰痛などの施術を行っております

Blog記事一覧 > 予約状況+健康情報 > ストレッチの種類の目的、強度や時間の取り方について | 2018/6/6(水)予約状況

ストレッチの種類の目的、強度や時間の取り方について | 2018/6/6(水)予約状況

2018.06.06 | Category: 予約状況+健康情報

【ストレッチの種類の目的、強度や時間の取り方について】

■■お知らせ■■

6/15(金)
院長・良子先生 お休み

■■■■■■■■

●6/6(水)予約空き状況

・指圧・整体コース

9:30~ 10:00~
10:30~ 11:00~
11:30~

※2枠分空いている時間のみ案内しております。
担当によって予約の空きがある場合がありますので、
 ご予約の際に確認してください。

・楽トレコース

9:00~  9:40~
10:20~ 11:00~
11:40~

・クォンタムアイ

9:00~ 10:00~
11:00~

となっております。

ご希望の方はお早めに
お問い合わせください。

予約はこちら↓
0436-63-3712

※当日予約はお電話ください。
※明日以降の予約はメッセージからでも予約可能です♪

※※健康情報※※

【ストレッチの種類の目的、強度や時間の取り方について】

昨日の話の中でさらに詳しく話すをお伝えしていたので、
今日はその続きです。

され、ストレッチには種類があります。

○身体を動かしながら行う動的ストレッチ
○身体をゆっくりとした動きで行う静的ストレッチ
○心身共にリラックスさせるストレッチ
○集中力をつける為のヨガに似たストレッチ
○2人組で行うストレッチ

それぞれの解説をしていきたいと思います。

○身体を動かしながら行う動的ストレッチ

◆目的

ウォーミングアップに使うと効果が高いです。

◆強度

軽めの動作から始めていきます。
徐々に大きい動きを混ぜながら筋肉を伸ばしていきます。
スポーツの種類、使いたい筋肉がはっきりしている人は
その筋肉、関節周囲を意識して行うと効果がアップします。

◆時間

全体で10分程度行うといいです。
一つ一つのストレッチ動作は約15秒~30秒程度です。

○身体をゆっくりとした動きで行う静的ストレッチ

◆目的

筋肉や関節をリラックスさせて
柔軟性を高めるストレッチです。

◆強度

息を止めずにゆっくりと呼吸をしながら行います。
できるだけ大きく筋肉を伸ばして、
突っ張り感を感じる所で止めて呼吸をしていきます。

◆時間

1つの筋肉に対して10秒~20秒程度伸ばします。
それを2~3セット伸ばすと効果が高まります。
入浴後に行うとさらに効果的です。

○心身共にリラックスさせるストレッチ

◆目的

特に緊張している筋肉がある人や
姿勢が硬い人におススメです。

◆強度

静的ストレッチと似たようなやり方になりますが、
できるだけリラックス出来るようにする為に行います。
気持ちのいい強さで十分です。
この時、部屋を若干暗くしたり、アロマを焚いたり、
好きな音楽(できればゆったりとした音楽)を流すといいでしょう。
部屋の温度は快適な温度にした方がいいですが、
やや暖かめにした方がリラックスしやすいです。

◆時間

気持ちのいい所で止めて、30秒~1分ゆっくり伸ばします。
全体で15分~30分くらいかけて行うといいでしょう。

○集中力をつける為のヨガに似たストレッチ

◆目的

姿勢筋を意識したストレッチで、
背骨の周りの筋肉や脊椎ををしっかり伸ばしていきます。

◆強度

地味な動作が多いですが、
じっくり体の中の骨の動きを意識して行います。
特に背骨の動きでは脊椎一つ一つが動く感覚で行うといいでしょう。

◆時間

一つ一つの関節や筋肉をしっかり意識していく為、
少し長めに時間を取る必要があります。
脊椎を動かすストレッチをするのであれば、
10分~30分程度かけていくと効果が高いです。

○2人組で行うストレッチ

◆目的

1人では伸ばしきれない筋肉や関節に対して行います。
また、ストレッチされる側は脱力しているので効果が出やすいです。

◆強度

伸ばした時に身体が逃げないギリギリの負荷で伸ばしていきます。
呼吸を止めずにゆっくりと呼吸しましょう。

◆時間

1人でやるよりも時間は短くても効果が出やすいです。
時間があればじっくり伸ばせば効果はさらに出ます。
基本は5秒~10秒くらいで大丈夫ですが、
時間がある人は10秒~20秒程伸ばせれば効果的です。
但し、長すぎると硬くなる人もいるので力が抜けていることを確認してください。

ストレッチは他にもたくさんあります。
目的を意識して、どのくらい伸ばせばいいのかを考えながら行うと
もっと元気いっぱいな身体にすることができます。

少しずつ自分に合ったストレッチをしてみてくださいね^^

☆今日も皆様に全ての良き事が
雪崩の如く起こりますように☆

さぬま