TEL
MENU

Blog記事一覧 > 予約状況+健康情報,未分類 > ステロイド注射をしながらスポーツをする危険性 | 2016/4/14(木)予約状況

ステロイド注射をしながらスポーツをする危険性 | 2016/4/14(木)予約状況

2016.04.14 | Category: 予約状況+健康情報,未分類

【ステロイド注射をしながら

  スポーツをする危険性】

 

●本日

 

4/14(木)の空き状況

 

・指圧・整体コース

 

10:00~

11:00~

11:30~

 

※午後は現在

 空いております。

 

・楽トレコース

 

9:00~

10:20~

11:00~

11:40~

 

15:00~

16:20~

17:40~

18:20~

 

 

となっております。

予約時間変更等で

他の時間も空く可能性が

ございます。

 

予約がなくても施術はできますが、

順番にご案内致します。

 

保険診療の方は予約優先制は

利用できません。

 

できるだけ間を空けずに

通院することをおススメしております。

 

 

メニューはこちら↓

http://bit.ly/1WCHhG1

 

患者様の声はこちら↓

<ホームページ>

http://bit.ly/24m1G8a

<エキテン>

http://bit.ly/1WCHglA

<YouTube>

http://bit.ly/1PRe7RN

 

ご予約はこちら↓

0436-63-3712

 

※※健康情報※※

 

以前に痛み止めの話をしましたが、

今日はステロイド注射についてです。

 

昨日、スポーツをしている患者さんと

こんな話になりました。

 

 

「ステロイド注射を打ちながら

  試合に出ている人がいる」

 

 

ステロイド注射と聞くと

結構怖いイメージがある人も

いると思います。

 

ステロイドとは…

 

【炎症を抑えるかなり強い薬】

 

というものです。

 

 

ステロイドは使い方を間違えると

かなり副作用も強く出ます。

 

但し、正しく使うと非常に

有効なものでものあります。

 

 

しっかり原則を知っておいて

もらいたい所は…

 

 

『原因は治っていない』

 

ということです。

 

 

炎症を抑えれば、痛みがなくなり

すごく楽になります。

 

しかし、それはあくまで

炎症を抑えただけです。

 

 

原因は取り除かれていないので、

そのまま使い続ければ

また炎症が起きます。

 

 

繰り返し使いすぎると危険な

ステロイド注射に頼りすぎるのは

どうなのか若干疑問です。

 

 

欧米の臨床研究によると、

年に2回、3ヶ月期間を空けるようにすると

副作用の心配もかなり減らす事が

できるようです。

 

 

大事な時に使うか、

本当に治したいと考えて

治療に専念する時に使用するように

すると便利ではないかと思います。

 

 

痛み止めや注射で誤魔化して、

症状を進行させないように

正しい知識をもつように

心掛けてみてくださいね。

 

 

☆今日も皆様に全ての良き事が

雪崩の如く起こりますように☆