紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

足首の捻挫(ねんざ)は湿布だけでは治りません | あさぬま整骨院は、千葉県市原市・千葉市緑区を中心に、交通事故や肩こり、腰痛などの施術を行っております

Blog記事一覧 > 2012 7月の記事一覧

足首の捻挫(ねんざ)は湿布だけでは治りません

2012.07.24 | Category: 接骨・整骨・柔道整復・柔整,未分類

千葉県市原市ちはら台西にある全国交通事故施術認定院・スポーツ障害施術専門院のあさぬま整骨院です。

 

今回のテーマは「足首の捻挫(ねんざ)は湿布だけでは治りません」をお伝えします。

 

最近、市原市では中学生の総体が始まっています。

ケガをする子が来院する中で、足首のねんざをした子が最近来院しました。

 

ケガをして、まず病院へレントゲンを撮りに行ったそうです。

 

診断結果は

「足関節捻挫」

 

施術法はというと・・・

 

「湿布と痛み止め」


最後の大会前なんですけど・・・と先生にお伝えしたようですが変わらず。

 

骨折とか脱臼なんて言ったら出場は完全に禁止となってしまいますが、最後の大会にはできるものなら出たいですよね。

 

私も現役なら何としてでも出たいと思ったでしょう。

 

この病院での対応はそこだけではないようです。

まだまだ大部分の病院でそこまでのサポートはしてくれません。

 

スポーツ傷害・スポーツ障害を専門に見ている病院でスポーツの知識をもったリハビリスタッフがいると対応してくれますが、非常に少ないようです。

 

足首のねんざは腫れが強いときなどアイシングをしたり固定をしたり拳上したりとやることはいっぱいあります。

しかし、病院ではあまり教えてくれません。

このような基礎的な指導は当院では必ず行います。

 

さらに当院では今度のオリンピックのコンディショニングチームが持っていく最新の施術器があります。

この施術器はケガの初期から使えるもので、早期復帰を目指す方をサポートできます。

 

ケガの初期だけでなくその後のリハビリで可動域を改善するにも非常に有効です。

 

最近そのメーカーさんとお話をしたところ、使いこなせる先生が非常に少ないということでした。

 

最新の施術器も使いこなせなければ意味がないですよね。

 

そして、その施術器だけでなくテーピングの指導もしています。(HPには巻き方の動画もあります。動画はこちら

 

その施術器やテーピングの技術もその他の正しい知識がないと活きてきません。

 

大会に向けてどのようなスケジュールで、どの程度の運動までして、その後のケアを細かくしていく。

その念入りな準備が大会当日に、その子の今現在出来得る最高のパフォーマンスにつながると思います。

 

ケガをしてしまった方はいつでもご相談ください。

0436-63-3712

 

あさぬま整骨院HPはこちら

→ http://www.asanuma-seikotsu.com/

交通事故施術専門HPはこちら

→ http://www.asanuma-seikotsu.com/cgi-bin/asanuma-seikotsu/siteup.cgi?category=1&page=0

ケガの応急処置・テーピングの巻き方はこちら

→ http://www.asanuma-seikotsu.com/cgi-bin/asanuma-seikotsu/siteup.cgi?category=3&page=3

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆様に全ての良き事が雪崩の如く起こりますように

千葉県市原市 追突事故の症状

2012.07.20 | Category: 交通事故 施術,未分類

千葉県市原市ちはら台にある全国交通事故施術認定院のあさぬま整骨院です。

 

今回のテーマは「千葉県市原市 追突事故の症状」をお伝えします。

 

当院に来院されたお客さんで、追突事故に遭った時の症状や経過について紹介していきます。

 

「追突事故」

 

交通事故の中では非常に多い事故だと思います。

例えば

信号に止まっていたら後ろから追突された

交差点で曲がろうとしたら後ろから追突された

トラックが後ろから突っ込んできて、後ろの車と合わせて玉突き事故となった

 

逆の立場から見てみると・・・

よそ見していたら前が急ブレーキしてぶつかってしまった

前の車が急に曲がろうとして減速した所にぶつかってしまった

高速で前との車間距離を誤って、減速できずぶつかってしまった

などなど・・・

 

様々なシチュエーションを考えられると思います。

 

交通事故施術専門院として多くのお客さんを診ていると、症状も後遺症も様々ですが、ある程度予測もできるものだということが分かりました。

 

症状について

①追突した車のスピード

②ぶつかった瞬間に身構えることができたか、無防備だったか

③横をむいていなかったか

④車がどういう角度からぶつかってきたのか

 

など状況に応じて、症状の強さや左右差がはっきりと分かります。

 

さらに後遺症に関して

①被害者の年齢

②被害者の生活環境

③被害者の体格

 

などにかなり影響を受けるものだということも分かりました。

 

同じようにぶつけられても症状も強く、後遺症も強い人と症状が軽く、後遺症が全く残らない人。

加害者のスピードもかなり緩やかだったのに、強い症状が出たり、後遺症が残ってしまう人。

 

それぞれタイプがあり、どのようなケアをしていかなけらばならないのか、本当に分かれ道になります。

 

交通事故に遭ってしまったら、少なからず体に負荷がかかってしまったことは変えようがありません。

組織を完全に元の状態に戻すことは不可能ですが、身体の感覚を元の状態に戻していくことは可能です。

 

 

その差がどうして起こるのか、なんとなくわかった方もいるのではないでしょうか?

 

 

それは

「どれだけ体が鍛えられていたか」

ということになると思います。

 

身体に貯筋がある方は守ってくれるし、ない人は無防備であると言えるでしょう。

 

症状を軽くするためにも日頃からの努力が必要ですね。

 

事故に遭ってからでも遅くはありません。

身体が少しでもよくなるように当院では、様々な検査をします。

 

そして後遺症が少しでも軽減できるようにサポートしていきます。

 

なかなか症状が改善されなくて、転院を考えている方もご相談ください。

0436-63-3712

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


皆様に全ての良き事が雪崩の如く起こりますように

市原市 2012中学総体バスケットボール

2012.07.19 | Category: スポーツ障害,未分類

千葉県市原市ちはら台にあるスポーツ障害施術専門院のあさぬま整骨院です。

 

今回、当院のお客さんが多くいるバスケットボール部の結果とスポーツ障害についてお伝えしようと思います。

 

今年の結果は・・・

男子 優勝 辰巳台中学校

    準優勝 五井中学校

    3位 ちはら台南中学校

    4位 若葉中学校

 

女子 優勝 辰巳台中学校

    準優勝 ちはら台南中学校

    3位 菊間中学校

    4位 有秋中学校

 

なぜ知っていたかというと・・・

 

そこに出場している子のテーピングを巻きに、昼休みに抜けて行ってきました。

 

バスケットボールの多いケガは

①捻挫(ねんざ)

②打撲

です。

 

オスグッドやジャンパーズニーなどの膝のスポーツ障害も多いスポーツですが、圧倒的に上記のケガが多いのも特徴です。

 

なぜなら、

ジャンプした時に足元に相手がいるスポーツだからです。

さらにドリブルでゴールに近づくと、左右から足やら膝やら飛んできて、やられ放題・・・

 

かく言う私も、昔バスケットをしていたのでよくわかります・・・

 

というわけで、大会中でも捻挫や打撲をしてもどうしても大会に出たい場合のアドバイスをしておきます。

 

まず

①時間があればとにかくアイシング

②関節部のケガ(捻挫)であればテーピング(少し硬めの方が、ケガ直後は比較的守ってくれます)

③筋肉部のケガ(打撲)であれば包帯などがあれば軽く圧迫して締めてあげると楽になります。

 

骨折ではないケガの大部分の痛みは腫れ(はれ)です。

これを最小限に抑えることが、その後のプレーに影響してきます。

 

今度オリンピックがありますね。

その時に持ち込まれる最新の機械を当院では採用しています。

 

大会に間に合わせたいとか、ケガを早く治したいという方は一度ご相談くださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

皆様に全ての良き事が雪崩の如く起こりますように

夏休みは交通事故が多発しやすいので注意しましょう!

2012.07.17 | Category: 交通事故 豆知識,未分類

千葉県市原市ちはら台西にある全国交通事故施術認定院のあさぬま整骨院です。

 

今回は「夏休みは交通事故が多発しやすいので注意しましょう!」というテーマでお伝えします。

 

今日から本格的に市原市の小中学生が夏休みに入りました。

他の市では来週からという所も多いと思いますが、もう夏本番になってきますね。

 

ここで改めて気を付けていただきたいものが、夏の交通事故です。

 

毎年帰省中に交通事故に遭いといった悲しい事故がニュースで何件か聞くことがあります。

やはり普段長距離運転しない方が帰省の為に運転をするので、慣れないということもあるようです。

それだけでなく、気持ちが少し浮つくような感覚での運転は、油断となり事故につながります。

 

わき見運転、スピードの出しすぎ、居眠り運転、いろいろありますが、運転手の注意も必要ですし、一緒に同乗している人も注意して見てあげてください。

 

昨日まで、海の日を合わせての3連休という方も多かったと思いますが、私も高速を走ってきました。

首都高、京葉道路、一般道、それぞれで事故を数件見てしまいました。

やはりこの時期は多くなってしまうのかなと思いました。

 

楽しい夏休み、家族が笑顔で過ごせるように安全運転でお願いします。

 

もし、交通事故に遭ってしまったら、

 

①安全確認

②警察に連絡

③保険会社に連絡

④相手の連絡先、保険会社の連絡先などを確認

⑤必要なら救急車で病院へ

 

など必要な手続きをしっかり取りましょう。

急いでいるからと、その場での示談は絶対にしないでくださいね。

分からないことはいつでも交通事故施術専門整骨院のあさぬま整骨院へお尋ねください。

専門スタッフがしっかりと対応させていただきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

皆様に全ての良き事が雪崩の如く起こりますように

ちはら台整形外科 院長 葉國璽先生にご挨拶してきました!

2012.07.14 | Category: プライベート,未分類

先日、当院がいつもお世話になっている、ちはら台整形外科の院長、葉國璽先生にお中元のご挨拶に行ってきました。

 

整骨院には外傷(ケガ)のお客さんが多くいらっしゃいます。

その中で、やはり整骨院などの施術院では扱ってはいけない傷病や、詳しい検査(MRIやレントゲンなど)をして、判断していただかなければならない疾患などがあります。

そんな時に親身に対応してくださってくれるのが、葉先生です。

 

葉先生は非常に経験豊富で多くのお客さんを診ていらっしゃいます。
 

数年前にはおゆみ野に「千葉こどもとおとなの整形外科」を開院され、

先頃は、茂原街道沿いに、「みどりのは葉記念病院」を開院しました。

 

地域医療に熱心で、すごく尊敬できる先生です。

 

私が挨拶に行った時も、

「共に地域医療の為に頑張りましょう」

と優しくおっしゃってくれました。

 

私ももっともっと皆様の為に貢献できることをしなければと強く思いました。

 

医接連携という言葉が整骨院の業界ではありますが、医師と整骨院がしっかりと連携できる環境にあり、

急性外傷(ケガ)では整骨院が、重度の外傷で手術を必要とする高度医療には医師への紹介をスムーズに行うことが非常に重要です。

 

皆様に安心して自分の状態を知っていただき、本当に必要な施術を提供できるように、当院はこの医接連携をしっかりと築き上げています。

 

ケガや痛みに特化した施術院として、あさぬま整骨院はこれからもちはら台だけでなく、市原市、千葉県の皆様に貢献できるように頑張ります。

 

今後とも宜しくお願い致します。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆様に全ての良き事が雪崩の如く起こりますように

全国交通事故施術院が毎日新聞に掲載!!

2012.07.13 | Category: 交通事故 豆知識,未分類

千葉県市原市ちはら台の全国交通事故施術認定院のあさぬま整骨院です。

 

今日は当院が加盟している「全国交通事故施術院」が毎日新聞に掲載されましたので、そのご報告をさせていただきます。

 

12日の毎日新聞の朝刊に掲載されたものです。

交通事故後遺障害に特化!施術院を認定!

 

という事で、代表の今冨がインタビューに答えたものです。

 

当院もこの全国交通事故施術院に認定されている為、日頃のブログにも「全国交通事故施術認定院」と書いてあります。

 

しっかりとした交通事故に対する知識と経験を持つ院のみが紹介されています。

ご自分の地域に近い院を選んで来院することをおススメします。

 

全国交通事故施術院HP

 

当院のページはこちら

 

交通事故に遭った、自損事故をした、車のドアに指を挟んだ、など車に関するケガは私たちにお任せください。

適切なアドバイスと施術を提供していきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆様に全ての良き事が雪崩の如く起こりますように

ケガの予防と疲労回復

2012.07.11 | Category: 接骨・整骨・柔道整復・柔整,未分類

千葉県市原市ちはら台にあるスポーツ障害施術・ケガの施術に特化したあさぬま整骨院です。

 

今回のテーマは「ケガの予防と疲労回復」についてお伝えします。

 

当院ではスポーツをしている人が多く来院しています。

学生から社会人、中高年、高齢者と幅広く診ている為、ケガをしてくる理由も本当に様々です。

 

ケガを起こしやすい原因として挙げられるのが・・・

①筋肉が硬い

②関節が硬い

③油断して起こってしまったケガ

④筋力が弱くて支えられない

⑤相手がいて避けられなかったケガ

などです。

 

①②は完全な日頃からのストレッチ不足です。

③はメンタル面で甘い例です。

④はトレーニング不足・準備不足です。

⑤は時の運ですが、そのケガの度合いは①②の状態で大きく変わります。

 

 

ウォーミングアップという言葉を聞いたことがあると思いますが、これらは運動前に行うものです。

ケガを予防するために、筋肉や関節を温めて、大きく動く為の準備をすることです。

 

しかし、このウォーミングアップだけでなく、日頃からストレッチをしっかり行って、可動域をしっかり広げていれば①②については、非常に有効なケガの予防になります。

 

③については運動に慣れてきた頃に非常に多く起こります。

注意していれば、集中していれば防げたはずのケガです。

これに多いのは学生では2年生(中2、高2の頃)です。

中高年で言えば、運動を始めて3週間、3ヶ月、1年あたりが多いです。

 

④についてはまだまだ体が出来ていないのに、無理に動いてしまって起こるケガです。

中1、高1の頃や、中高年で久しぶりに運動を再開する、初めて運動するなどの時に起こります。

ダイエットの為に急に運動(散歩など)を始めたなどでも起こります。

オーバーワーク(使いすぎ)によるケガなどが挙げられます。

 

⑤については①②の状態に左右されると前述しましたが、筋肉や関節が柔らかいと衝撃を受け流すことができます。

その為、靭帯や筋肉、骨などに強く衝撃にかからない為、軽いケガで済むという事です。

逆に硬い人はその強い衝撃をダイレクトに受け取ってしまい、大きいケガとなり施術期間が長引いてしまいます。

 

 

大会などで結果を出すために思い切りプレーしたい方も、健康の為に体を動かしたい方も非常に大事にしてもらいたいものは

 

「ストレッチ」

 

です。

 

当院では通常の施術にストレッチは必ず含まれます。

 

それは体の為に非常に重要なものだと認識しているからです。

 

ケガをする前の予防としてのストレッチ(ウォーミングアップ)、

運動後の疲労回復を早めるためにストレッチ(クールダウン)、

ケガをしてしまった後の早期回復の為のストレッチ、

レベルの高いパフォーマンスを出せるようにする為のストレッチ、

日常生活をもっと快適に過ごしてもらうためのストレッチ、

 

など本当に様々な効果を得られるものがストレッチです。

 

まずは自分の身体の状態のチェックに当院を訪ねてみてください。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆様に全ての良き事が雪崩の如く起こりますように

交通事故に遭った急性期の施術ができる整骨院

2012.07.10 | Category: 交通事故 施術,未分類

千葉県市原市にある全国交通事故施術認定院のあさぬま整骨院です。

 

今回のテーマは「交通事故に遭った急性期の施術ができる整骨院」です。

 

交通事故に遭ってケガをしてしまった。

 

そんな時にはまず、病院(整形外科など)でレントゲンやMRIなどを撮ると思います。

その直後の施術はどうすればいいかご存知ですか?

 

交通事故施術では自賠責保険や任意保険を使用して、自己負担金を0円で施術をすることができます。

 

それらの保険を利用してできる院が

①整形外科などの病院での施術費

②柔道整復師による療養費(施術費)

が適応されます。

 

保険会社さんと相談して承諾を得られれば、その他の施術院での施術も認められることがあります。

 

上記の①②で施術を受けるとメリットがあります。

 

<メリット>

○慰謝料の計算方法で実通院日数×2と総施術日数の少ない方×4200円が支給される。

※その他の施術院では×2ではなく実通院日数になります。


○国家資格である柔道整復師が診るため、ケガの施術に特化している。

 

その為、必要な施術を適切なタイミングで行うことができます。

 

当院では交通事故でケガをしたお客さんを多く診ています。

 

施術の内容は急性期とその後の亜急性期で変わります。

 

<急性期>

患部の炎症が強い場合はしっかりとアイシングをして患部を固定します。

当院ではさらに炎症を落ち着かせる為に、市原市で一番最初に導入しているマイクロカレント療法を併用しながら下記の二つを必ず行います。

マイクロカレント療法は微弱な電流を流して、組織の修復を促進したり、炎症症状を鎮静化させる効果があります。

 

<写真 上:超音波とマイクロカレント(ハイボルテージ)療法を組み合わせたコンビネーション療法>

<写真 下:マイクロカレント(ハイボルテージ)療法>

 

<亜急性期>

この頃になると炎症症状が落ち着いてきているので、今度は温めて患部に新鮮な血液をしっかり流してあげます。

さらに上記の機械を使って、ハイボルテージ療法を行います。

ハイボルテージ療法とは高電圧の電気を流して、患部の鎮痛効果や筋緊張の緩和などに効果があります。

 

上記の最新施術器は最近プロスポーツ選手やチームが導入するほど、高い効果があります。

恐らく今度のオリンピックでも使用されると思います。

 

当院ではこの施術器を早くから導入して、かなり使い込んでいます。

お客さん一人一人が症状が違えば、原因となっている部位も変わります。

 

当院の交通事故施術の経験も合わさって高い施術効果を提供できるようにしています。

 

もし、交通事故に遭って、ケガの施術をどこに行こうか悩んでいる方は一度ご相談ください。

 

交通事故施術に関しては当院ではお試し施術をしています。

電話か直接来院していただき、交通事故の詳細をお伝えいただければ、当院の施術を体験できます。

 

病院を変えようと検討している方もご相談ください。

 

全国交通事故施術認定院のあさぬま整骨院HPはこちら

 

体験のお電話の際は

「交通事故施術の体験を希望します。」

とお伝えください。

専門スタッフがしっかりと対応させていただきます。

 

電話番号は

0436-63-3712

 

皆さんに「安心・笑顔・毎日充実」を提供するあさぬま整骨院でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆様に全ての良き事が雪崩の如く起こりますように

腰痛の原因と施術法

2012.07.10 | Category: 接骨・整骨・柔道整復・柔整,未分類

千葉県市原市ちはら台にあるあさぬま整骨院です。

 

今回のテーマは当院が得意とする分野の一つ「腰痛の原因と施術法」をお伝えします。

 

腰痛の原因は一言で説明することが非常に難しい場所です。

 

とりあえず有名な疾患を挙げてみましょう。

①腰椎椎間板ヘルニア

②変形性腰椎症

③腰部周囲筋損傷

④腰椎椎間板症

⑤腰椎椎間関節症

⑥脊柱管狭窄症

⑦腰椎分離症

⑧腰椎すべり症

⑨腰椎分離すべり症

⑩仙腸関節障害

⑪梨状筋症候群

などなど

 

これらの診断名をいくつか聞いたことがあるという人はいると思います。

 

 

 

さて、質問です。

 

 

これらの疾患は本当の原因ですか?

 

 

 

よく考えてみてください。

 

すごく健康な人がいます。

筋肉もしっかりあって、身体も柔らかい、内臓も元気。

健康診断をしても何も問題なし。

 

もう一人、不健康な人がいます。

筋肉がなく、身体が硬い、胃腸も弱い。

健康診断を受けると何かしら引っかかる。

 

さらに、微妙な人がいます。

筋肉がかなり強いが、身体が硬い、仕事が力仕事で忙しい人。

健康診断を受けても問題はない。

 

腰痛はどの人に出やすそうですか?

 

もちろん転んだとか、スポーツでひねったとか、ケガをしてしまえばどんな人でも腰痛は起こりますが、

上記に述べた疾患を患いそうな人は下の二人に起こりそうな気がしませんか?

 

 

本当の原因は・・・

 

①体を支える力がない

②負荷が大きい

③筋肉に柔らかさが足りない

④疲労が溜まっている

⑤姿勢が悪い

⑥太っている

 

などの腰椎に負荷がかかりそうな環境にある人が上記の疾患を患い、そして悪化させて症状を出していると考えることができます。

 

つまり、それらをあらかじめ解消しておくか、疾患を患ってしまった人は悪化させない対策を講じれば、症状は改善されると言えます。

 

 

もっと具体的な痛みの症状や対策を知りたい方はHPをご覧ください。

 

あさぬま整骨院HP >> 腰痛・肩こり・五十肩

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆様に全ての良き事が雪崩の如く起こりますように

筋肉痛の対処法と超回復

2012.07.09 | Category: 接骨・整骨・柔道整復・柔整,未分類

千葉県市原市ちはら台西にあるスポーツ障害施術専門院のあさぬま整骨院です。

 

今回のテーマは「筋肉痛の対処法と超回復」についてです。

 

先週末に母校の幕張総合高校で久しぶりにOB会を開いて、バスケットをしてきました。

完璧に筋肉痛です笑

筋肉痛を早く治したいと言うお客さんが多くいらっしゃいます。

 

筋肉痛ってどのような状態かご存知ですか?

 

実は筋肉を鍛えたり、いつも以上に力を入れたりした起こる筋肉痛は「細胞を壊して」いるんです。

 

細胞を壊して、それを修復する過程で適度な休養と栄養が入ると、その壊れた細胞が以前より強くなろうとする状態になります。

 

これを「超回復」と言います。

 

 

 

だから筋肉痛の後、以前動いていた状態よりも楽に動けるようになるのです。

 

この超回復の過程の短縮する方法はほとんどありません。

 

・温めた方がいいよ

・安静にしていた方がいいよ

・次の筋トレをした方がいいよ

・ストレッチすると早く治るよ

などなど

 

いろいろな情報が出回っていますが、上記の回復の過程を考えると・・・

 

・筋肉痛は細胞を壊している → 強い刺激(強いマッサージやストレッチ)は逆効果!?

・壊れた細胞を修復しようとしている → 思い切り筋トレした部位に新鮮な血液を流してあげる。(修復効果を高める為に)

                       → 軽く温めたり、軽めの運動をして流す

・修復には栄養が必要 → しっかりとアミノ酸を摂取。(たんぱく質を最小限に分解したのがアミノ酸。細胞修復に必要なエネルギー

 

 

という事で・・・

 

当院では

①筋トレをした部位を軽く温めるか緩めのストレッチをする。

②栄養はたっぷりと

③筋トレは強度によって2日から3日おきにやる


といった内容で指導しています。

 

 

学生や大人になってからトレーニングをして、筋トレをした場合に筋肉痛が1週間以上取れない方は

 

「やりすぎ」

「筋肉の損傷」の可能性があります。

 

やりすぎのパターンとしては

筋トレを毎日している → 超回復の間を与えない状態

                 逆に筋肉をいじめすぎて弱っている状態

 

筋肉の損傷のパターンとしては

いつもやらない動きやトレーニングを一気にやった → その後何もしてないけど回復しきれない

 

やりすぎの場合はトレーニング内容をコントロールしましょう。

筋肉の損傷の場合は適切な施術が必要です。

 

1週間たっても取れない筋肉痛がある場合は一度ご相談ください。

 

ご相談電話は

0436-63-3712

 

お待ちしております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆様に全ての良き事が雪崩の如く起こりますように