TEL
MENU
【スポーツ障害治療】スポーツ障害と応急処置

スポーツ障害

スポーツ障害とは・・・

スポーツ障害とは、運動によって起こる体の故障のことです。
身体に無理な負担をかけると打撲や捻挫・筋の炎症・骨折の怪我
だけでなく後遺症など障害が残る場合もあるのです。

スポーツ障害は、大きくは外傷と障害に分けられます。

外傷
捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、一度に強い外力が加わることにより
生じるものを指します。

障害
特定の部位に繰り返し外力が加わり軟部組織を損傷するもので、
野球肘、野球肩、ランナー膝、オスグッド等
と呼ばれているものがこれにあたります。

※スポーツ障害とスポーツ外傷を合わせて、スポーツ傷害と呼ぶ場合もあります。
  • スポーツ障害の主な部位と種類

       むち打ち症等
       野球肩、リトルリーガーショルダー等
       野球肘、テニス肘等
       腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群等
       ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、
        タナ障害、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨等
       シンスプリント、アキレス腱炎等
       足底筋膜炎、踵骨骨端症等

競技別に探せる!スポーツ障害事例集

野球 バレーボール ラグビー  ソフトボール 
野球肩
野球肘
投球障害
シンスプリント
腰痛
ヘルニア分離症
すべり症
インピンジメント
ジャンパー膝
足首の捻挫
シンスプリント
足底筋膜炎
指の骨折
指の脱臼
肉離れ
打撲
インピンジメント
骨折
肩の脱臼
捻挫
打撲
肉離れ
十字靭帯損傷
側副靭帯損傷
半月板損傷
野球肩
野球肘
投球障害
シンスプリント
腰痛
ヘルニア
分離症
すべり症
インピンジメント
バスケットボール サッカー テニス 陸上
ジャンパー膝
足首の捻挫
シンスプリント
突き指
足底筋膜炎
肉離れ
打撲
足首の捻挫
半月板損傷
靭帯損傷
打撲
肉離れ
テニス肘
インピンジメント
シンスプリント
ランナー膝
ジャンパー膝
シンスプリント
足底筋膜炎
外脛骨炎
卓球  バドミントン  柔道 剣道
シンスプリント  テニス肘
肩の障害
捻挫
打撲
脱臼
肩の障害
腰の障害
膝の障害

ケガをした時の応急処置

応急処置はRICE処置(ライス処置)が基本になります。

RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略です。
  • RICE処置

    ●休息(Rest)
    患部を包帯などで固定し安静にさせます。

    ●冷却(Ice)
    患部を氷嚢などで冷やし組織の血管を収縮させ腫れや炎症を抑えます。

    ●圧迫(Compression)
    患部を包帯やサポーターなどで圧迫することにより
    内出血や腫れを抑えます。

    ●挙上(Elevation)
    患部を心臓より高く上げることによりリンパの流れをよくして
    腫れを抑えます。

    また、関節可動制限がある場合はその関節を矯正することで、治癒期間の短縮が期待できます。
    例えばテニス肘の場合、肘だけを診るのではなく肘関節と連動して動く背骨と肩甲帯
    (上腕骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨)の関節可動制限を回復させることで、 より短期間に治癒することが多いです。

    人の体は一見痛む部分だけが悪いように思われがちですが、
    関節、筋肉等、 いろいろな部分でつながりがあり、連動して働いているのです。

    スポーツ障害で最も大事なのは、無理なトレーニングをせず、自分の能力にあったトレーニングを行うことです。
    そして、異常を感じたら直ちに運動を中止し、整骨院、整形外科等を受診することです。

    当院では、様々なスポーツ障害(野球肘・オスグッド・シンスプリント等々)に対応しておりますので、
    お困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

  • 冷シップ・温シップの使い分けについて

    患者様から、『冷シップ・温シップの使い分け方』についてよく質問されます。
    そちらについてお答えします。

    【冷シップ】
    スーッと冷える感じを与えるメントールが含まれています。

    【温シップ】
    ポカポカと温かく感じさせるトウガラシエキスが含まれています。

    商品によって異なりますが、両方の成分の違いはこの2つになります。
    実際には冷やしたり、温めたりすることはありません。

    【シップの目的】
    『冷やす・温める』という目的で使用するより消炎・鎮痛効果を目的として使用されます。
    使い分けとしては気持ちよいと感じる方を使用するのがよいと思われます。

    ※一般的に急性のときは冷シップ、慢性のときは温シップを使用することが 多いです。
     あさぬま整骨院でも、患部に熱っぽい感じがする場合
     (患部に炎症が起きている状態)には冷シップ、
     その他では温シップと使い分けてお勧めしています。