TEL
【スポーツ障害治療】野球門外来
野球は昔から日本人にとって身近なスポーツです。
スポーツの技術は近代的になってきているのに対し、
ケアについては昔のままで、自己管理しなさいと放っておかれているのが現状です。

ポジションによってケアの仕方が異なるスポーツです。
身近なトレーナーとして専門家に相談してください。

野球の練習・試合でこんな悩みを抱えていませんか?

  • ピッチャーなどで度重なる投球練習により、
    肘の内側の痛み、肩の痛みがある

  • キャッチャーが無理な姿勢でセカンド送球する際に、
    肘の痛み、肩の痛みがある

  • 走塁の際に、足を痛めてしまった、足首をひねってしまった

  • イレギュラーバウンドによって肩や胸の打撲をしてしまった

当院の専門治療ではこのようなことをお約束できます

  • 1

    プロスポーツ選手が使用している医療機器を導入しているため、
    ケアを徹底して行うことができます。

  • 2

    筋肉の炎症を抑え、筋肉の回復力を高めるための専門治療を
    提供できるため、症状改善の速度が他院よりも早い。

  • 3

    ご自宅でできるセルフケア指導を
    徹底して教えることができます。

  • 4

    テーピングなども活用し、
    練習をしながら治療を行っていきます。

  • 5

    症状の原因を追究する為、
    どこに行っても治らなかった症状の根本改善が得意。

  • 6

    試合前などには、できるだけコンディションを良くするため
    徹底して治療を行います。

  • 7

    自宅でできるケアや筋肉トレーニング指導を行うことが
    できますので、よりパフォーマンスを向上させることができます。

起こりやすいスポーツ障害は”野球肩・野球肘”です

野球肩・野球肘はピッチングで過度に投げ込んだ時や変化球などのフォームが悪い場合に起こりやすいです。

野球肩・野球肘の病態

野球肩(インピンジメント症候群・腱板損傷・上腕二頭筋腱炎)
野球肘(正式名称 内側上顆炎)

野球肩は投球のフォームによって痛める部位が違います。
その痛みの場所と原因によって傷病名が変わります。
肩関節と肩甲骨など広い範囲で見ていく必要があります。

野球肘は手首を下に下げる筋肉や指を曲げる筋肉に負荷がかかった時に、
付着部の肘の内側の骨に痛みを起こす状態です。

野球肘は悪化させると手術が必要になることも

進行すると骨の付着部が出っぱってきたり、はがれたりしてしまうこともあります。
(関節遊離体・別名 関節ねずみ)
十数年前のプロ野球選手など海外で手術したというニュースは聞いたことがあると思います。

現在は投球数に制限をしたりして、学生などには負担をかけさせないようにすることも決められてきています。

肘から手首の間にある内側の筋肉をまんべんなくマッサージしてあげるのも効果的です。
テニス肘同様、痛みのある所は筋肉の付着部であって、筋肉があるわけではありません。
筋肉のある部分をしっかり把握し、マッサージやストレッチを念入りにするように
しましょう。