TEL
MENU
【スポーツ障害治療】シンスプリント

シンスプリントって・・・?

シンスプリントはサッカーや陸上、バスケットなどの走る競技に多いスポーツ障害です。

進行すると疲労骨折をすることも

シンスプリントは内くるぶしの骨から上のすねの部分に起こる炎症の事です。

骨膜炎という表現をされる場合もあります。

症状はすねの骨の部分に熱を持つ、走ると響くような痛み、
ひどくなると歩いていても振動で響くといったものが多いです。

とにかく走る競技に多いこのスポーツ障害ですが、全員になるわけではありません。
こんな足の方に多い傾向があります。

・偏平足である(土踏まずがない)
・膝から下の骨が外に反っている(下腿骨の変形)
・筋力がない

などなどいろいろな要因が混じると起こるようです。

進行していくと、骨の炎症だけでなく、骨自体にヒビが入ることもあります。
⇒ よく言われる「疲労骨折」となります。

シンスプリントは我慢しながら続けることは難しい

シンスプリントはケアが難しいスポーツ障害です。

日常生活で歩行していても、骨には衝撃が少なからずあります。

いかに患部への負担を減らせるかが重要になってきます。

足底板を利用したり、土踏まず用アーチパッドなどを利用して衝撃を減らす事が必要です。
テーピングなどでサポートするのもいいでしょう。

ふくらはぎ、すね、足の裏など周囲の筋肉はとにかくほぐすことを考えましょう。

すねの骨に痛みが出てきたら、無理は禁物です。
悪化させると治療が長期になったり、疲労骨折を招く原因にもなりやすいです。
気になり始めたら早めに受診しましょう。
※テーピングでの痛みの軽減方法はテーピング動画のページをご覧ください。

予約制ではありませんので、お気軽にお越しください

  • 問診

    はじめに問診表に記入して頂き、悩まれている問題を記入して頂きます。

  • step2

    説明

    治療に入る前に、お客様一人一人に合わせた
    治療プランのお話をさせて頂きます。

  • step3

    施術

    施術を行います。ご不明な点や心配事などもお気軽にお話し下さい。