TEL

【動画】あさぬま整骨院は交通事故治療に特化した整骨院です

自分自身が事故に遭遇した際に的確なアドバイスが欲しいなら

  • いつ巻き込まれるか分からない交通事故。保険加入の際のアドバイスを行います。

    交通事故と保険

    『ただ歩いていただけ』
    『注意しながら運転していたのに』


    それでも遭遇してしまうのが交通事故です。
    事故は自分だけでなく、様々な人間へ影響を及ぼし、
    時に取り返しのつかないことにもなります。

    自分が起こしてしまった、巻き込まれてしまった時、怪我を負う事もありますが、
    何よりも必要になるのが金銭的な問題です。

    保険に加入しておけば、事故を起こしてしまった時でも安心することは出来ます。
    自動車の運転には自賠責保険への加入が義務付けられており、併せて任意保険への加入も必要になります。
    自分は大丈夫と考え、保険への加入をせずにいると、いざと言う時に困ることになってしまいます。

    千葉県市原市にあるあさぬま整骨院では、いざと言う時のための保険加入の際、アドバイスなどを行えます。
    市原市のあさぬま整骨院は全国交通事故治療専門施術院として認定されており、
    治療だけではなく、保険に関する様々なアドバイスをします。
    自分が起こし、巻き込まれた際にも親身になって相談に乗ります。

    いつ、誰が遭遇するか分からないものですから、いざと言う時のための準備だけは
    しっかりとしておかなければいけません。
    対応などにも困惑してしまう事もありますが、保険に加入しておけば、
    経験豊富な保険会社のスタッフが親身に指導してくれますから、心配することはないでしょう。

事故を起こした場合の賠償、きちんと対応できますか?

  • いつ起こすか分からない交通事故の自分への責任をご紹介します。

    交通事故と保険

    交通事故の怪我は、表面的に治療を行う事は出来ますが、
    その後、どのような後遺症が出るかは分かりません。

    交通事故の後遺症として最も多いのがむち打ちですが、こちらも、事故時には
    何ら異常を感じず、数日後に急に痛みだすというケースが多くなっています。

    また、骨折なども治療の仕方如何によっては、重い後遺症を負う事もあり、
    治療が終われば問題はないと言う事ではないとされています。

    やはり交通事故で最も恐ろしいのは後遺症になります。
    外傷は治ったはずなのに、何故か腕や足の動きが悪いと言う話もよく聞きます。
    病院の治療に何かしらの誤りがあったのかと言うことは何とも言えませんが、
    骨の接合に際しては、医師本人にも想定しかねるケースが多くあります。
    また、治療中に無理に動かしてしまったため、骨が曲がってしまったなどの話も多く、
    一概に病院の責任と言うわけでもありません。

    事故後の後遺症に悩む場合、必要になってくるのは病院ではなく整骨院の存在になります。
    千葉県市原市にあるあさぬま整骨院は、全国交通事故治療専門施術院として認定されている珍しい整骨院で、
    事故の治療を始め、事故後に発症する後遺症の悩みなどの改善、解消で高い評価を集めています。
    市原市でも評価の高い整骨院で、整体としての評価も高く、
    スポーツ整体や骨盤矯正など、様々な悩みを持つ患者が訪れます。

被害者の自賠責保険取扱いについて

ご存じですか?自賠責保険により治療費負担が0円になります。

交通事故の被害に遭ってしまった場合の流れをお伝えします。

(1)事故の被害に遭ってしまった場合、まず警察に事故を連絡します。
   ↓
(2)その時、相手の連絡先と保険会社の情報を聞いておきましょう。
   ↓
(3)その後、病院にて診断書(整骨院では証明書となります。)を発行してもらい
警察と相手の 保険会社に届け出ます。

※この時、相手の保険会社にどこの病院(整骨院)で診断書をもらい、治療をしていくかを伝えておきます。
 診断書を病院でもらい、治療は整骨院ですることも可能です。

理想的な通院方法は病院で定期的に検査・診察をしてもらい、整骨院で治療をしていく方法です。

病院での医師の診断は法律上最も効力をもちます。
後々争いにならないとも言えませんので、必ず診察を受けましょう。

また、事故後からしびれなどの症状が出て、後々後遺症が残った場合には、
事故直後のレントゲンやMRIなどの画像が証拠資料となります。
当院では一度医師の診察及び検査を必ず受ける事をお勧めしています。

これにより治療費や証明書などの自己負担金が0円となります。
(治療費は全て相手の保険会社からの支払いとなります。)
※過失割合が100:0の場合です。

症状に合った治療法を選択し、患者さんの負担が軽減するように治療を進めていきます。
日常生活での注意事項や運動療法などアドバイスします。


交通事故における自賠責保険は非常に複雑です。
過失割合によって被害者の方にも負担がかかることがあります。
ご自分の加入している任意保険を改めて確認してみてください。

慰謝料、保険の相談など専門スタッフが対応いたしますので、いつでもご相談ください。

加害者の自賠責保険取扱いについて

ご存じですか?加害者の方でも治療費の窓口負担が0円になる場合があります。

交通事故を起こしてしまった場合の流れをお伝えします。

(1)事故を起こしてしまった場合、運転を停止し、まずは相手の安否の確認です。
   ↓
(2)次に双方が事故の状況を確認した後(メモや携帯カメラで残します)、安全な場所に移動し
ハザードランプや発煙筒で後続に事故を知らせ、二次災害を防ぎます。
   ↓
(3)警察に事故を連絡します。(加害者・被害者のどちらか)
   ↓
(4)その時、相手の連絡先と保険会社の情報を聞いておきましょう。(過失割合に応じて必要になります)
   ↓
(5)加害者もケガをしていた場合に病院にて診断書(整骨院では証明書となります。)を発行してもらい
警察と相手の保険会社に届け出ます。

加害者の4つの措置義務を怠ると罰則があるので注意しましょう。
(1)運転の停止
(2)負傷者の救護
(3)危険防止措置
(4)警察への通報


※相手の保険会社にどこの病院(整骨院)で治療をしていくかを伝えておきます。
 診断書を病院でもらい、治療は整骨院ですることも可能です。

加害者とされる方は過失が必ず被害者よりも多くなります。
その為、足りない分は自分の保険会社に連絡し任意保険を適用してもらう必要があります。

通院の仕方は被害者の方と同様にしっかり治しきるまで治療をしましょう。

自賠責保険には加害者・被害者の差はありません。
後遺障害・死亡事故では過失割合で2割から5割の減額があります。
傷害事故の場合は70:30以上の過失の場合に2割の減額があります。

任意保険(人身傷害保険)による補償

(1)治療費の窓口負担なし
(2)費用を気にせず、むち打ちなどの治療用の高度な治療に専念できる
(3)休業補償や後遺症などの慰謝料が入る
(4)保険ランクの格下げなし

自損事故の場合も任意保険を利用すれば窓口負担が0円になります!!

交通事故に遭われた方の約1/3は自損事故の方です。
自損事故の場合、ご自身や搭乗者が大きなケガを負われているにもかかわらず、
「自賠責保険が適用されないから、治療費が 高額になってしまうのではないか」という思い込みにより、
治療を受けずにケガをされてしまっている方が多いようです。

加害者の方、自損の方に共通して言えることですが、
交通事故では、日常のケガでは傷めないような部分もダメージを受けることが多く、
放置すると痛みや機能障害、2次的障害(肩こりや腰痛) へと発展することもあります。

そうならない為にも、早期の適切な治療と、症状が改善するまでしっかりと治療をされる事をお勧めします。

搭乗者保険・人身傷害保険のみの利用はノーカウント事故扱い
※ノーカウント事故とは保険の等級が下がらない保険の事を言います
※対象・補償内容は各保険会社の約款等をご覧ください